データベースの機能について


■データベースの機能について説明します。

一般的なデータベースのソフトの機能は以下のようになります。

以下は、SQL Serverをもとに説明しています。
右の欄にアクセスが持っている機能を表示しています。


SQL Severの機能 内容 アクセスが
持っている機能
(1)サーバーの登録管理 ・SQL サーバーにデータベースサーバーを登録する。
・データベースサーバーの接続・停止・一時停止・開できる。始
・サーバーにSQLサーバーを登録して使用できるようにする。
・無し
(2)データベースの作成 ・SQLサーバーに個別のデータベース(テーブルの集合)を登録する。
例えば営業のデータベースとか。
・1つのファイルごとに行う。
(3)セキュリティの管理 ・ログイン(SQLサーバーに入れる)ユーザーの登録管理。
・データベースユーザー(個別のデータベースの使用の権限)の登録管理
・パソコンのユーザーレベルの権限管理
・パスワードのみ設定可能。
(4)テーブルの管理 ・テーブルの作成と管理 ・可能
(5)ダイアグラム ・テーブルの関係付け ・可能(リレーションシップ)
(6)ビュー ・テーブルをSQL言語で取り出す。 ・可能(クエリ)
(7)ストアドプロシージャ ・テーブルをSQL言語で取り出したり加工したりすることが可能 ・一部可能(クエリ)
(8)データベースのバックアップと復旧 ・データベースのバックアップ及び復旧が出来る。 ・不可
(9)データのインポートとエクスポート ・エクセルやAccessなどの外部データをインポート(取り込んだり)したり外部データへエクスポート(吐き出し)することが出来る。 ・可能




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
09:342408

アクセスの構成