アクセスの用途


■アクセスの用途です。

アクセスは、一般的に以下のように使用されています。

  1. 小規模システムの構築

    データの種類や量が少なくて、1台のパソコンで処理するシステムについては、アクセスでシステムを構築するケースが多いです。

  2. アクセスの一部分の機能を使用します。

    エクセルなどのデータを取り込んでアクセス(クエリなど)で加工してデータを作成します。

  3. オラクルやSQLサーバーなどを使ったシステムのフロントエンドとして使用します。

    オラクルやSQLサーバーなどを使用している大規模システムのデータ、
    例えば経理や販売管理などのシステムの入力・修正などの画面などを、アクセスの画面(フォーム)を使って作成するケースがあります。

    アクセスで作成するほうが、VB(ビジュアルベーシック)などに比較して短期間にプログラムを作成することができます。
    またプロトタイプ(試作品)を開発する場合は、アクセスを使用する場合があります。

  4. オラクルやSQLサーバーなどを使ったシステムからデータを取り出して加工する場合、 そのレポーティングツールとして使用します。

    オラクルやSQLサーバーなどを使用している大規模システから、ユーザーの必要とするデータをアクセスで抽出・加工(クエリ)して、レポートを作成します。 

アクセスは、システムを作るだけではなく、エクセルやその他のシステムとも連携もできる、便利なソフトウェアです。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
08:160905

アクセスの構成