アクセスの制限事項


■アクセスの制限事項について説明します。

他の個所でも説明していますが、ここではまとめました。

  1. 容量の制限がある。(2ギガバイト)

  2. アクセスは、1人用のデータベースソフトです。
    でも、実際は、ネットワークで使用する場合もあります。
    多くても、4人程度が限界です。

  3. 排他制御(同時にアクセス)に弱い。
    同時に、複数の人が同じデータにアクセスすると壊れる可能性があります。

  4. セキュリティ管理が出来ない。
    誰でもテーブルやクエリを見ることや変更ができます。

  5. データの復元・バックアップの機能がない。
    壊れても修復ができないので定期的にバックアップを取る必要があります。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
08:371402

アクセスの構成