アクセスを使用するとき注意する点


■アクセスを使用する場合、以下のように、いくつかの注意する点があります。

  1. 必ず、アクセスのプログラムの「XXX.accdb」はコピーをとって外部メディア(CD-R/RW、DVD、フラッシュメモリーなど)に定期的に保存する。

  2. テーブルもエクスポートして外部メディアに定期的に保存する。

  3. ・テーブル/クエリ/フォーム/レポートの名前については名前付けのルールを決めておく。

    例えば、

    • テーブルでは、T_XXXXXなど。 
      例:T_顧客テーブル

    • クエリでは、Q_XXXXなど。 
      例:Q_日別売上

    • フォームでは、F_XXXXなど。 
      例:F_メニュ

    • クエリでは、R_XXXXなど。 
      例:R_日別売上レポート

    などです。

  4. テーブル、クエリ、フォーム、レポートの個別の名前には、「-」(ハイフォン/ダッシュ)は使用しない。
    「-」は、VBAでは、マイナスと認識されます。
    例えば、テーブル名では「T-顧客テーブル」は使用しない方がよいです。
    もし使うのであれば「_」(下線)にします。

などです。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
08:371402

アクセスの構成