Access(アクセス)の購入と価格


Access(アクセス)の購入と価格について説明します。

■Accessを勉強する為にはAccessのソフトを購入する必要があります。
Accessを購入するには、WordやExcelなどが含まれた、Office製品など、いろいろな種類がありますので、内容を理解して購入するようにした方が良いと思います。

安く購入できる方法が見つかるかもしれません。

「Office 2016」が、2015年の9月30日に発売になりました。
Accessの最新版は、「Access2016」です。

今から、Accessを購入される方は、特に理由が無ければ、「Access2016」をお勧めいたします。

最近では、「Access2013」などの販売価格が「Access2016」より、かなり高くなっていますので、新規に購入される場合は、「Acess2016」の方が良いと思います。

「Office2016」について、説明します。
ライセンスが、複雑になっています。

■1.Office(オフィス)の種類

「Access2016」を購入する場合、Word、Excelなどの、他のOffice製品と一緒に購入すると安い場合があります。

「Offce2016」では、以下の、4種類があるようです。

  1. Office Premium
    新規のパソコンにOfficeがプレインストールされています。

  2. Office 365 Solo
    月次や年次でお金を払って最新のOffice製品を使用します。

  3. Office 2016(パッケージ版)
    今までと同じ、売り切りの製品です。

  4. Office 2016 for Mac

1から3について、説明します。


■2.Office Premium

「Office Premium」は、新規のパソコンにOfficeがプレインストールされています。
搭載パソコンだけ、Word、Excel、Powerpoint、Accessなどを、永続的に使用することができます。

以下の製品があります。

製品の種類 内容
(1)Office Personal Premium ・使用年数/使用台数:永続/1台(搭載PCのみ)です。
・常に最新バージョンにアップグレードできるそうです。
・Office365のサービスは1年だけ無料で使用できるそうです。
・Word、Excel、Outlookです。
 Accessはありません。
 Word、Excel、Outlookは永続で使用できます。
(2)Office Home & Business Premium ・使用年数/使用台数:永続/1台(搭載PCのみ)です。
・常に最新バージョンにアップグレードできるそうです。
・Office365のサービスは1年だけ無料で使用できるそうです。
・Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNoteです。
 Accessはありません。
 Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNoteは永続で使用できます。
(3)Office Professional Premium ・使用年数/使用台数:永続/1台(搭載PCのみ)です。
・常に最新バージョンにアップグレードできるそうです。
・Office365のサービスは1年だけ無料で使用できるそうです。
・Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessです。
 Accessがあります。
 Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessは永続で使用できます。


■3.Office 365 Solo

「Office 365 Solo」は、Office製品を、月々、又は年間で利用するサービスです。
つまり、毎月、お金を払って、Office製品を使用することができます。

以下のような特徴があります。

  1. Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessです。
    Accessがあります。

  2. いつでも、始められますし、止めることも出来ます。

  3. 「月別」の支払いです。

  4. ライセンスは以下のようになります。

    • Windowsまたは、Macのパソコン2台
    • 2台のタブレット、2台のスマートフォン

  5. 「1テラバイト」のOneDriveが使用できます。

  6. skype、60分無料です。

  7. Officeテクニカルサポート があります。

などです。


■4.Office 2016(パッケージ版)

今までのように、製品を購入します。
パッケージ版です。

Office 2016には次のように、3の種類とアカデミックがあります。


Officeの種類 内容
(1)Office 2016 Personal
Word、Excel、Outlookです。
Accessはありません。
(2)Office 2016 Home and Bisiness
Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNoteです。
アクセスはありません。
(3)Office 2016 Professional Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessです。
Accessがあります。
(4)Office 2016 Academic
Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessです。
Accessがあります。
教師、学生用です。


■5.Access単体の購入

Access単体で購入する場合です。
以前は、学生用のアカデミックや、アップグレードなどがありましたが、「Access2016」では、ないようです。


■6.Access2016の購入

「Access2016」を購入する場合です。
「Access2016」の入っているもののみリストしています


ソフトウェア名 アマゾンの参考価格
(税込み)
内容
Microsoft Office 365 Solo
(1年版)

画像をクリックして商品を表示させて、右の「今すぐ購入」でご購入できます。
Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessです。
Accessがあります。
期間が1年です。
Microsoft Office Professional 2016(ダウンロード)
画像をクリックして商品を表示させて、右の「今すぐ購入」でご購入できます。
Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessです。
Accessがあります。
Microsoft Access 2016
(ダウンロード)

画像をクリックして商品を表示させて、右の「今すぐ購入」でご購入できます。
Accessです。


■5.Office 2016の試用版のダウンロード

Accessが、どのようなものか使ってみたいという方は、「Office 365 Solo」をダウンロードして試用することが出来ます。
1ヶ月間試用することが出来ます。

以前のような試用版は無くなりました。

マイクロソフト社のホームページから「Office 365 Solo」を試用することができます。



■6.Office 2016のシステム要件

「Office 365 Solo」と「Office 2016」のシステム要件について説明します。


コンポ―ネント システム要件
OS PC:
・Windows 10
・Windows 8.1
・Windows 8
・Windows 7 Service Pack 1
・Windows 10 Server
・Windows Server 2012 R2
・Windows Server 2012
・Windows Server 2008 R2
Mac:Mac OS X 10.10
最適なパフォーマンスでご利用いただくために、最新バージョンのオペレーティング システムを使用してください
コンピューターと
プロセッサ
SSE2 命令セットを搭載した 1 ギガヘルツ (GHz) 以上の x86 ビット プロセッサまたは x64 ビット プロセッサ
Mac: Intel プロセッサ
メモリ (RAM) PC:2 GB RAM
Mac:4 GB RAM
ハード ディスク PC:使用可能なディスク領域 3.0 GB
Mac:使用可能なディスク領域 6 GB。HFS+ フォーマット (別称 Mac OS Extended または HFS Plus)
ディスプレイ PC:1280 x 800 の画面解像度
Mac:1280 x 800 の画面解像度




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
08:170905

アクセスの構成