何を勉強すればよいのか?


■アクセスを勉強する場合、何を勉強すればよいのでしょうか?

「アクセス」を使う目的によって違います。

「アクセス」を使う目的を上げてみます。
「アクセスで何ができるのか?」でも説明しましたが、

  • データの加工や分析をおこなう場合です。
    (会社などの売上や利益を上げるための情報を得る)

  • 小規模なシステムを作りたい場合です。
などです。

それぞれ説明します。


■1.データの加工や分析をおこなう場合です。

あなたの会社が、いろいろな、業務のデータ、例えば、経理、仕入、販売、在庫、品質、製造などのデータを
持っていたとします。
データは、「エクセル」や、「SQLサーバー」や「オラクル」などで持っています。

これらのデータを使って、例えば、今月の製品別の売上、利益情報、仕入れ情報や在庫情報を調べたいとします。

大変ですね。
これを「アクセス」では、簡単におこなうことができます。

この作業をおこなうのに「アクセス」で覚えないといけないのは、「テーブル」「クエリ」です。

この2つで、業務に有益な情報を取り出すことができます。
これだけでも「アクセス」を使うメリットはかなりあります。


■2.次に「小規模なシステム」を作りたい場合です。

小規模システムを作る場合です。

これは、かなり大変になります。
  • データを保管する「テーブル」の作成

  • データを入力する画面(フォーム)の作成。

  • データ抽出の為の「クエリ」の作成

  • 帳票印刷の為の「レポート」の作成
などです。

さらに、
これらの作業を、簡単・便利におこなう為に、「マクロ」や「VBA(ビジュアルベーシックフォーアプリケーション)」を作成すると、かなり高度になります。

ここまで、「アクセス」をマスターするのは大変ですね。


■3.お勧めは、3段階で勉強した方がよいと思います。

あくまでも「アクセス」を使う目的は、会社などの売上や利益を上げるための情報を得ることです。
個人であれば、生産性をあげることです。

  1. まず、「テーブル」と「クエリ」をマスターします。
    業務データなどを使って、役に立つデータを作ってみることです。

  2. 「アクセス」になれて、いろいろな改善項目が出たときに「フォーム」「レポート」を勉強します。

  3. 最後に、「マクロ」や「VBA」で本格的な「アクセス」のプログラムを作成します。

「うさぎ」さんではなく、「亀」さんで行きましょう。



「どのように勉強すればよいのか?」でも説明しましたが、資格取得も考えてアクセスを学習する方法も
あります。

■あなたは、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS:旧MOUS)というのを知っていますか?
MOSとは、Microsoft Office Specialistの略です。
マイクロソフト社が認定した資格です。

このMOSの中に、アクセスの資格もあります。
もちろん、ワードやエクセル、パワーポイントもあります。

この資格は、就職や転職に有利な資格です。
企業でも、オフィス部門で働く人に、MOSの資格取得を勧めています。

アクセスの勉強をしながら資格も取得できれば一石二鳥ですね。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)に興味のある方は、以下のページをご覧ください。
試験の内容や、参考書、勉強方法などをまとめています。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS:旧MOUS)のページです。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
09:342408

アクセスの構成