学校選びのポイント


■学校選びのポイントは何でしょうか?

専門学校は、各学校ごとに授業の時間帯、内容、やり方、場所などが違います。

それぞれ特長を持っています。

■学校を選ぶ場合のステップです。
  1. 取りたい資格の講座がある学校へ資料請求をします。

  2. パンフレット(資料)などでポイントをチェックします。

  3. わからない所は電話で問い合わせます。

  4. 実際に学校へ行って確かめます。

  5. 説明会や体験入学などに積極的に参加します。


■次にチェックする主なポイントです。
  1. 場所(ロケーション)・時間帯です
    内容としては、

    • 専門学校の場所です。
      通勤路の沿線なら、夜間通学も苦にならないですね。
    • 授業時間がどのくらいか。(1科目何分間、1日に何回、週に何回などです。)
    • 週に何回通うのか

    などをチェックします。

  2. 授業料・入学金
    内容としては、

    • 授業料はいくらかかるのか。
    • 入学金、教材費はどのくらいかかるのか。
    • 納入方法はどうなっているのか。一括か分割か。
    • 解約はどうなっているのか。

    などですね。
    授業料は、授業内容も考えてチェックします。

  3. 授業内容
    内容としては、

    • 1講座は何分間か。
    • 大人数か小人数。
    • パソコンなどの使用器具は何か。
    • 宿題、予習、復習はどのように構成されているか

    などをチェックします。

  4. 合格状況を調べます
    同じ学校に通った人たちが、どのくらいの割合で資格を取得しているかも大きなポイントです。
    合格率も参考にしましょう。

  5. その他
    1日体験入学や無料体験セミナーを行っている所もありますので積極的に参加した方がよいですね。

いろいろな民間の専門学校がありますので自分の目で調べ、自分にあった学校を見つけましょう。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
09:332408

アクセスの構成