資格のトラブルに注意しよう


■最近は資格ブームです。

でもトラブルもたくさんあります。

「高い授業料を払って学校へ通ったけど、あまり大したことも教えずがっかりして途中でやめてしまった。」

という話もあります。

途中で解約した場合、支払った授業料が戻ってくればまだよいですね。
戻ってこない場合は、大変です。

■うまい話はご用心

「この教材で勉強すれば、必ず○○○資格が取れる」などと言って高い教材を買わせる悪徳商法が
増えています。

そんなうまい話はないですね。
くれぐれも注意しましょう。

■高い教材は気をつけて

あまりに高い教材は気をつけた方がよいですね。

■「結構です」という返事はやめよう。

電話での勧誘で「結構です」というのはやめましょう。
あいまいな言葉です。
相手は、「YES」と思って、資料や教材を送りつけてくる場合があります。
「NO」と言いましょう。
「必要ありません」とか「要りません」とか言った方がよいですね。

■契約してしまったとき

一度契約したものを解約したい場合は、クーリングオフの期間がありますのでその期間内であれば
解約できます。

その際は、必ず文書で行った方がよいですね。
電話ですと、聞いていないと言われて無効になる場合もあります。

気をつけましょう。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
08:361402

アクセスの構成