資格取得【MOS(旧MOUS)/基本情報技術者】


現在、就職・転職・社内での昇格、昇進などに有利なため資格を取得する人が増えています。

アクセスも含めIT関連の資格は、国家資格、民間資格を含めたくさんあります。

しかし、その中で、特に就職・転職・社内での昇格、昇進などで、人気のある資格が以下の資格です。

  1. MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

  2. 基本情報技術者

です。

あなたも是非、チャレンジしてはいかがですか?

資格の取り方からまとめていますので是非ご覧ください。

1.資格を取る前に知っておきたいこと

資格を取る前に知っておきたいことです。

2.マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフト オフィス スペシャリストとは、マイクロソフト社が認定した資格です。
MOSとも呼ばれます。Microsoft Office Speciaristの略です。
Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)の利用能力を端末操作での実技試験で認定する試験です。
企業でもオフィス部門で働く人に、MOSの資格取得を勧めています。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格ははビジネスソフトが使えるという証明になります

3.基本情報技術者

基本情報技術者は、将来的にシステムエンジニアやプログラマなど高度なシステム技術者を
めざす人の最初の入り口になる資格です。

これも国家資格ですので就職・転職に有利になります。

システム関連の会社の人には、最低限取得して欲しい資格です。





1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
08:361402

アクセスの構成