フォームとは何か(全体での位置づけ)


■フォームとは、何でしょうか?

「アクセスの概要」の中でも説明しましたが、重要ですので再度説明します。

アクセスの全体の中での「フォーム」の位置づけと「フォーム」で何ができるかを理解する必要があります。





■上の図で、右上にいるのが「フォームさん」です。

■まず、どういう場合に「フォーム」を使用するのかを理解する必要があります。

データを加工するだけでは、「テーブル」と「クエリ」だけ十分です。

しかし、アクセスを知らない人がデータを入力したり、データを抽出したりする場合、直接「テーブル」や「クエリ」を操作するのは、不可能です。

そういう場合は、アクセスを知らない人でも使える画面(フォーム)を作り、データを入力したり、データを抽出したりすることができます。

この画面のことを、「フォーム」と呼んでいます。

また、小規模システムを作る場合も、フォーム(画面)を使って、データ入力からデータ抽出・加工、帳票(レポート)の発行・印刷ができるようにします。

■「フォーム」の目的としては、主に

  • データの入力画面として使用する。

  • 作業の簡単化。画面にボタンなどをつけ、そのボタンをクリックしていろいろな作業を自動でおこなう。

  • データの一覧画面として使用する。

などです。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
09:342408

アクセスの構成