ウィザードによるコンボボックスの作成とプロパティ


「ウィザード」による「コンボボックス」の作成と「プロパティ」について説明します。

■「フォーム」では、「コンボボックス」をよく使用します。

 「テキストボックス」は、データを入力する必要がありますが、「コンボボックス」では、決められたデータを選択するだけでOKです。

今回は、「コンボボックス」の作り方を説明します。

アクセスで、「フォーム」の「プロパティ」が、よくわかっていない方は、「ウィーザード」を使うことをお勧めします。
簡単に「コンボボックス」を作成することができます。

■では、「コンボ」ボックスを作成しましょう。

(1)「作成」タブの「フォーム」グループの「フォームデザイン」を表示します。
フォームに、クエリが連結している場合です。

(2)「デザイン」タブの「コントール」グループの「コントール」で「コンボボックス」をクリックします。

(3)このとき注意する点は、「コントール」の一覧の下の「コントロールウィザードの使用」が押されていることを確認します。
 「ウィザード」とは、魔法使いと言う意味です。その魔法使いが持っている杖のようなボタンです。
 以下の画面の下の赤丸が「コントールウィザードの使用」です。

(4)「コンボボックス」をドラッグします。




上の赤丸が「コンボボックス」です。

ドラッグは、「コンボボックス」をクリックして離してドラッグします。
そして、フォーム上で左クリックします。

(5)以下の画面が表示されます。




 

これは、「ドロップダウン」した時に表示するデータです。
「テーブル」や「クエリ」のデータを表示することができます。

また、表示データを手入力することもできます。
例えば、
性別の「男」「女」などです。
そのときは中央を選択します。

「コンボボックスの値を別のテーブルまたはクエリから取得する」を選んで「次へ」をクリックします。

(6)表示する「テーブル」や「クエリ」を選びます。「次へ」をクリックします。

(7)表示するデータを選びます。通常は「コード」と「名称」です。
  例えば、「製品データ」を表示したければ「製品コード」と「製品名」などです。
  「次へ」をクリックします。

(8)項目の並べ替え順を指定します。
「次へ」をクリックします。

(9)実際の「コンボボックス」のデータが表示されます。
幅などを調整します。 
「次へ」をクリックします。

(10)次は、「コンボボックス」で表示したデータの中でデータベース(テーブル)に入れたい項目を選択します。
「次へ」をクリックします。

(11)ここで、もう一つあります。
「コンボボックス」で選んだデータを「コンボボックス」に連結しているデータに入力したいとします。
例えば
その「フォーム」は売上げのデータを入れる「フォーム」だとします。
売上げデータの「製品コード」に「コンボボックス」から「製品コード」を選びたいとします。

保存する場所です。売上げデータなどの「製品コード」です。
以下の画面です。




これで、「コンボボックス」で表示されたデータを選択するとそのデータがテーブルなどに書き込まれます。

(12)最後に、この「コンボボックス」の横のラベルの表示を入力します。

■では、これは、プロパティではどのように設定されているのでしょうか?

この「コンボボックス」の「プロパティ」を表示します。

重要な所を説明します。



タブ 項目 実際の値の例 内容
書式 列数 2 ドロップダウンした時の列の数です。
列幅 2.54cm;2.54cm ドロップダウンした時の列の1列目の幅と2列目の幅
です。
リスト行数 8 ドロップダウンしたときに表示されるデータの数です。
リスト幅 5.079cm ドロップダウン列の全体の幅。
列幅の合計と合わせた方が良いです。
データ コントロールソース 製品コード このコンボボックスに連結しているフィールドです。
ここにデータを書き込みます。
値集合タイプ テーブル/クエリ コンボボックスで表示するのはどんなデータか。
上の番号の(4)の所です。
値集合ソース SELECT xxxxx 「コンボボックス」で表示するデータです。
ここにはクエリが入っています。横のボタンをクリック
するとクエリが表示されます。
連結列 1 「コンボボックス」の表示しているデータと連結するのは
どの列かを設定します。
この例は、「コンボボックス」の表示した1列目をデータ
として連結します。
その他 名前 コンボxx この「コンボボックス」の名前です。
ウィザードを使用すると名前は自動で作成されます。
必ず、分かりやすい名前に修正する方がよいです。

「ウィザード」では、これらの「プロパティ」の設定を簡単におこなうことができます。
しかし、それがどこに設定されたのか理解しておく必要があります。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
09:332408

アクセスの構成