カーソルの移動の順番(タブオーダー)


■今回は、「カーソルの移動の順番(タブオーダー)」を説明します。

これは、「フォーム」上で、「テキストボックス」などでエンターキーを押していくと順番にカーソルが移動します。
その順番です。

「タブオーダー」と読んでいます。

通常、「フォーム」を作成するとき、オートフォームやウィザードを使用すると、タブの順番はきれいになっています。
「テキストボックス」などを作成した順番になります。
でも、「フォーム」の「デザイン」で最初から、「テキストボックス」を作った場合や、「テキストボックス」の間に「コンボボックス」などを作成した場合は、エンターキーを押したとき、カーソルの移動の順番(タブの順番)がおかしくなります。

ユーザーのためには、必ず、このタブの順番をきれいにしてあげるのが親切です。

■設定のやり方です。

(1) まず、「テキストボックス」や「コンボボックス」などのコントロールに「名前」が付いているか確認します。
 付いていない場合は、必ずつけてください。

(2)次に「テキストボックス」や「コンボボックス」などのコントロールがある場所、通常は「詳細」のところだと思いますので、「詳細」の所で「右クリック」します。

(3)「タブオーダー」をクリックします。
 以下の画面が表示されます。




(4)右の「タブオーダーの設定」の順番にカーソルが移動します。
項目の行の左にマウスを持っていきます。
「右矢印」が表示されますのでクリックして行を選択します。
行が黒くなります。

(5)その項目をクリックしたままカーソルの移動先へドラッグします。

(6)カーソルの順番をきれいにします。

■1つだけ気をつけることがあります。

時々、「オートフォーム」などを使ってデータに連結した「フォーム」を作成する場合に、「タブオーダー」はきちんと設定しているのに、エンターキーが動かないケースがあります。
そのときは、その「テキストボックス」の「プロパティ」の「Enterキー入力時動作」を「規定」に変更してください。
「オートフォーム」などを使用すると何故か、この項目が「規定」以外になってしまる場合があるようです。

この「タブオーダー」は、プログラムを作成する方は、必ず設定して上げるとよいですね。
ユーザーの方は、入力作業がかなり楽になります。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
08:361402

アクセスの構成