クエリで覚えること


■クエリで覚えることを説明します。




左に、作成した「クエリ」の個別のオブジェクトが表示されます。
中央に作成した個別の「クエリ」の内容が表示されます。

■まず「クエリ」の作成方法をマスターする必要があります。

上のリボンの「作成」タブの「クエリ」グループの「クエリウィーザード」または「クエリデザイン」をクリックします。

覚えるのは、「クエリデザイン」です。
一から(最初)から作成する方法です。

横の「クエリウィザード」は、表示に従って、簡単に「クエリ」が作れるのですが、修正する場合は、必ず「デザインビュー」でおこないます。
結局「クエリデザイン」のやり方を覚える必要がでてきます。

■次にクエリ内でできる、いくつかの機能です。

  • 「テーブル」からデータを取り出すやり方です。(選択クエリ)

  • ある条件に合ったものだけを取り出すやり方です。(抽出条件)

  • 並べ替えのやり方です。

  • 計算もできます。例えば「単価」と「売上数」が合った場合、2つを掛けて「売上金額」を計算するやり方です。(演算フィールド)

  • いろいろな条件でのデータの取り出し(パラメータクエリ)

  • データの一括変換(アクションクエリ)

  • テーブルの結合のやり方です。簡単に2つのデータを合わせたデータを作成することができます。

  • クエリのデータを外部へ、例えばエクセルなどにエクスポートするやり方です。

などです。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
08:361402

アクセスの構成