クエリの種類


■「クエリ」にはいくつかの種類があります。

大きく分けて3つあります。

  • 1つは、「選択クエリです。

  • 2つめは、「アクションクエリ」です。

  • 3つめは、その他のクエリです。


それぞれの内容を説明します。

■1.「選択クエリ」

「選択クエリ」とは、データを取り出すだけのクエリです。
テーブルなどのデータを抽出したり、並べ替えたり、計算させることができます。

「選択クエリ」には以下のような種類があります。


クエリの種類 内容
選択クエリ データの抽出や並べ替えをおこないます。
集計クエリ グループ別の集計をおこなうことができます。
重複クエリ 重複したレコードを抽出することができます。
不一致クエリ 2つのテーブルを比較して、不一致のレコードを抽出することができます。
パラメータクエリ クエリを実行するとボックスが表示され、そこに入力したデータを表示します。
クロス集計クエリ 縦横の集計をおこなうことができます。


よく使用するのは、「選択クエリ」「集計クエリ」「パラメータクエリ」です。


■2.「アクションクエリ」

次に「アクションクエリ」です
アクション(行動)するクエリです。
テーブルの1部のデータを一活で修正したり、テーブルにデータを追加したり、削除したりすることができます。

「アクションクエリ」には以下のような種類があります。


クエリの種類 内容
テーブル作成クエリ 新しいテーブルを作成することができます。
更新クエリ データの1部を一括で更新することができます。
追加クエリ 別のテーブルにレコードを追加することができます。
削除クエリ テーブルのデータを削除することができます。


これらのクエリは、使用頻度は少ないです。
一括でデータを更新したい場合は便利な「クエリ」です。


■3.「その他のクエリ」

最後は「その他のクエリ」です。

この中で一番使用するのが「ユニオンクエリ」です。
同じフィールドを持った2のテーブルを合わせることができます。

例えば、
1月から12月までの「売上データ」があったとします。

それを使って年間(12ヶ月分)のデータを作る場合です。
このデータを作るためには、「ユニオンクエリ」を使用します。

「ユニオンクエリ」は、SQL文を直接書く必要があります。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
08:160905

アクセスの構成