演算フィールド


■「演算フィールド」について説明します。

「クエリ」では、新しく項目(フィールド)を作ることができます。

例えば以下のような「売上データ」のクエリがあるとします。





項目は、「売上日」「顧客コード」「単価」「数量」です。
このとき、「単価」と「数量」を掛けて「売上金額」を計算したいですね。

「売上金額」の項目(フィールド)を新しく作ることができます。
「数量」の横の項目(フィールド)に、

売上金額:単価*数量

と直接入力することができます。
気をつけないといけないのは、売上金額の次の「:」(コロン)と「*」(アスタリスク)は必ず半角で入力する必要があります。

入力すると項目には、「[ ]」が自動でつきます。

以下のようになります。





「売上金額」の入力の幅が小さいときは、「売上金額」のフィールドで右クリックします。
「ビルド」をクリックします。

以下のような画面が表示されます。





ここで入力することもできます。

また、この画面(式ビルダ)には、いろいろな機能があります。
比較演算子をクリックで入力することができます。

また、関数などの一覧を調べることができます。
関数は、クエリの中でも使用することができます。

今回は、新しくフィールドを作って計算させましたが(演算フィールド)、新しくフィールドを作って
その中に関数などを入れて判断させることもできます。

例えば、
単価が100円以下の売上には、「赤字」を入れるとか。
売上日が、今月だったら「今月」と入れる。

など、いろいろなことができます。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
09:342408

アクセスの構成