集計


■「集計」について説明します。

通常の「選択クエリ」では、「テーブル」にあるデータが1行づつ表示されます。

しかし、例えば
「売上データ」などで、毎日の売上が複数ある場合、
日付別に売上数量を合計したい場合があります。

「クエリ」では、この合計を簡単に作成することができます。

注意する点があります。
「売上データ」の項目は、「売上日」「顧客コード」「単価」「数量」の場合を考えます。

このとき、集計する項目は「数量」になります。
「単価」の集計は、意味がないですね。
次にどんな「グループ」で集計するかを決めます。

今回は、「売上」別の「数量」の合計を計算します。

まず、「デザイン」タブの「表示/非表示」グループの丸の[1」の「集計」をクリックします。
「フィールド」の項目に「集計」表示されます。
丸の「2」の個所です。




必ず「売上日」を「グループ化」にします。
「数量」は、計算させますので「合計」にします。

計算は、「合計」以外に「平均」「カウント」「最小」「最大」などができます。
「合計」を使用することが一番多いです。

1つヒントがあります。
上の場合、一度保存して再度開くと「フィールド」の名前が、「数量の合計」に自動的になります。

変更したいですね。
このフィールドを

数量:数量

にするとフィールドの項目名が「数量」になりました。
データは合計になっています。

また時々、「数量」の「集計」のところが「演算」になる場合もありますが、これは、気にすることは無いようです。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
08:361402

アクセスの構成