パラメータクエリ


■「パラメータクエリ」について説明します。

「クエリ」に、「パラメータクエリ」というのがあります。

どんな場合に使用するのでしょうか?

ここに顧客別に毎日の「売上」データがあります。
顧客は、1000社あるとします。
売上データの量はすごいですね。

毎日、お客様から売上を教えてくれと言われます。
どのお客様から、連絡がくるかわかりません。

あなたはどうしますか?

1000社のお客様用の「クエリ」を作りますか?
アクセスのクエリがいっぱいになります。

こういう場合に「パラメータクエリ」が便利です。

まず、「パラメータクエリ」を使うと、どのような作業になるか説明します。

  1. まず、1つ「パラメータクエリ」を作ります。

  2. クエリを開きます。

  3. 「顧客コード」のポップアップが表示されます。

  4. 「顧客コード」を入力します。

  5. その「顧客コード」のデータが表示されました。
    必要であれば、そのデータをエクセルなどに保管します。

では、「パラメータクエリ」の作り方を説明します。
簡単です。




ポップアップで入力する「フィールド」の「抽出条件」に、説明を入れます。
今回は、

[コードを入力してください]

を入力します。
両側は「[ ]」で囲みます。必ず半角です。

クエリを開きます。
以下のポップアップが表示されます。




「顧客コード」を入力します。

データが表示されます。
これは、入力した「顧客コード」のデータです。

必要であれば、データをエクセルへ保存します。

このやり方だと、1つのクエリでいろいろな「顧客コード」のデータが抽出できます。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
08:150905

アクセスの構成