クエリのエクスポート


■クエリの「エクスポート」について説明します。

「テーブル」を使っていろいろなデータを「クエリ」で作成することができます。

そのデータをエクセルで使いたいという要求は多いですね。

「エクセルデータ」、「CSVデータ」、「テキストデータ」などをアクセスのテーブルへ取り込むことは、「インポート」と呼んでしました。

「テーブル」や「クエリ」のデータを「エクセルデータ」、「CSVデータ」、「テキストデータ」などの外部データへ出力することは「エクスポート」と呼んでいます。

「エクスポート」することにより簡単に外部のデータとして出力することができます。

一般的に、多くの方は「エクセル」でデータを持っています。
その複数のデータを「テーブル」へ「インポート」して、クエリで必要なデータに加工します。

作成したデータは再度「エクセル」へ「エクスポート」して使用します。
こういう使い方もアクセスではよく行われます。

■以下、やり方です。
「エクスポート」は、非常に簡単です。
今回は、「エクセル」へエクスポートします。





(1)出力したい「クエリ」を「右クリック」して「エクスポート」「Excel」をクリックします。
「クエリ」で「データ」を表示させていても良いです。
その時は「外部データ」タブの「エクスポート」グループの「Excel」をクリックします。

(2)以下の画面が表示されます。




昔のエクセルの「ファイル形式」も選択することができます。
「参照」をクリックして、好きなフォルダーを選択することができます。
オプションを選択することができます。
「ファイル名」を入力して「エクスポート」をクリックします。

「エクスポート操作の保存」の画面が表示されますので、操作を保存することも出来ます。

これで終わりです。
「エクセルデータ」ができました。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
09:342408

アクセスの構成