ユニオンクエリ


■今回は、「ユニオンクエリ」について説明します。

「ユニオンクエリ」って聞いたことがありますか?

参考書に、載っていない場合もありますが、結構、便利なクエリです。
実務では、いろいろな所で使用しますので知っておいた方が良いと思います。

例えば、
売上のデータが、1月から12まで12個データがあります。
データのレイアウト(フールドのサイズや形)は、全く同じです。

この12月分のデータを使って1年間(1月から12月まで)のデータを作成してください
と上司から頼まれました。

困りましたね。

これは、「リレーション」や「テーブルの結合」では出来ないのです。
「リレーション」や「テーブル」の結合は、フィールド(項目)を結合はしますが、ファイルの結合はしてくれません。

これを解決するのが「ユニオンクエリ」です。

でも少し「選択クエリ」などとはやり方が異なっています。

「選択クエリは」、以下のようになっています。





上に「テーブル」などのデータがあります。
下に表示させるデータや条件がります。
画面を見ながら簡単に作成することができます。

■しかし「ユニオンクエリ」は、上のような画面では作成しません。

直接、SQLの言語を書きます。

SQLとは Structured Query Languageと言われ、「えすきゅーえる」とか「しーくる」とか呼んでいます。
データベースからデータを呼び出す為のデータベース操作言語です。

上の「選択クエリ」でも、左上の「表示」「SQLビュー」をクリックすると以下のような画面が表示されます。
これが、SQLの言語です。





これで、データベースからデータを取り出すことができます。

■では、「ユニオンクエリ」を作成します。

  1. 「作成タブ」の「クエリ」グループで「クエリデザイン」をクリックします。
    テーブルなどは追加しません。

  2. 「表示」「SQLビュー」または「クエリの種類」「ユニオン」をクリックします。

  3. SQL文を書きます。

以下にSQL文の例をあげます。

例えば、
「入出庫データ」と「入出庫データ1」をあわせたデータを作成したいとき

SELECT * FROM 入出庫データ UNION ALL SELECT * FROM 入出庫データ1

にします。
3つのデータをあわせたい時は後ろに、「UNION ALL」を付けて3つめのテーブルを持ってきます。
重複したデータをはずしたいときは「ALL」をはずしてください。

以下のようになります。





「ユニオンクエリ」の形は、重なった円になります。
以下のようになります。





これで、データを取ることができます。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
08:150905

アクセスの構成