レポートセクション


■「レポートセクション」について説明します。

■「レポート」では、「レポート」がどのように構成されているのかを知っておく必要があります。
これを「レポートセクション」と呼んでいます。

エクセルでもそうですが、アクセスは本当に横文字が多いですね。
覚えるまでは、大変ですね。
「レポートの構成」とか言ってくれるといいのですが。

「レポートセクション」(構成)は、重要ですので知っておく必要があります。

まず、レポートのデザインの例を表示します。




上の例では、「製品名」で「グループ化」をしています。

「レポート」の構成は、大きく4つ分かれています。

  1. レポート
  2. ページ
  3. グループ化の項目(フィールド)
  4. 詳細

そして、「詳細」以外は皆「ヘッダー」と「フッター」をもっています。
「ヘッダー」は頭ですね。上に表示されます。
「フッター」は足ですね。下に表示されます。

■次に構成の順番です。

  1. レポートのヘッダー
  2. ページのヘッダー
  3. グループのヘッダー
  4. 詳細
  5. グループのフッター
  6. ページのフッター
  7. レポートのフッター
になります。

この順番はかわりません。「ページのヘッダー」が「レポートヘッダー」より先に表示されることはありません。
それぞれを非表示にすることはできます。
例えば、「レポート」の「フッター」に何も表示したくない時は非表示にすることはできます。

■それぞれについて説明します。

  1. レポートヘッダー
    「レポート」の最初に表示する内容です。
    「レポート」のタイトル名などを表示します。

  2. ページヘッダー
    ページごとに表示する内容です。
    例えば、表示する項目(フィールド)の名前を表示します。

  3. グループのヘッダー
    グループ化した項目の内容です。
    グループ化した項目(フィールド)の連結されたデータが表示されます。
    グループが変わる毎に表示されます。

  4. 詳細
    「レポート」に連結された項目(フィールド)のデータが表示されます。

  5. グループのフッター
    グループが終わったときのフッターです。
    例えば、グループ別の合計などを計算して表示することができます。

  6. ページのフッター
    ページの終わりに表示されます。
    例えば、「ページ番号」や「レポートの作成日」などを表示します。

  7. レポートのフッター
    レポートの最後に表示されます。
    例えば、データの総合計などを表示します。


この構成を考えて、レポートを作成する必要があります。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
09:332408

アクセスの構成