レポートのコントロール


■「レポート」の「コントール」について説明します。

■レポートを作成する場合、
「レポートデザイン」で、「コントール」グループの「コントール」を使って最初から作成すると作業が大変になります。
その為、「レポートウィザード」を多く使います。
簡単に自動でレポートを作成することができます。

しかし、一度作成したレポートでは、タイトルや項目(フィールド)を追加したり、線を引いたり、枠を作ったりする場合があります。
その時には、「フォーム」と同じように「コントール」の一覧から部品(コントール)を使って追加、修正を行います。

レポートで、特によく使う「コントロール」について説明します。





レポートで使用する「コントロール」はフォームで使用するものと同じです。
上の赤丸印です。

以下主なものを説明します。
  1. ラベル
    一番上の中央にあります。
    レポートのタイトルや項目(フィールド)の項目名(タイトル)に使用します。

  2. テキストボックス
    一番上の左から2番目にあります。
    レポートにデータを表示するのに使用します。
    テーブルやクエリの項目(フィールド)に連結します。

  3. 改ページ
    上から2番目の中央にあります。
    レポートを改ページしたいときに使用します。

  4. 直線
    上から3番目の左にあります。
    項目名の下やグループが変わった時に直線を入れるときに使用します。

  5. 四角形
    上から3番目の右から2番目にあります。
    例えば
    表示する項目名やデータに枠線を入れたい場合に使用します。
    エクセルのような感じに表示したりすることができます。

などです。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
08:361402

アクセスの構成