テーブルで覚えること


■「テーブル」で覚える内容です。

■テーブルで最初に必要なことは、データを作成することです。

■まず、テーブルがどのように出来ているのかを説明します。
例えば、「製品のデータ」を紙で管理するとします。

あなたは、どうしますか?

まず、どんなデータ(情報)を集めるのか決める必要があります。
「製品コード」や「製品名」などです。
データが決まればそのデータを集めます。

アクセスも同じです。

どんなデータかをまず決めます。
これを「フールド名」と呼んでいます。
そして、その「データの型」を決めます。

「データの型」を決めることによりそれ以外のデータの入力は出来なくなります。
例えば、日付の設定をすれば日付以外の入力は出来なくなります。
以下のようになります。





■アクセスでは、データを入力するには、いろいろなやりかたがあります。
アクセスの上にあるリボンの「作成」タブをクリックしてください。




以下のようないくつかメニューが表示されます。

アクセスで、新しいテーブルを作るやり方です。
以下の方法があります。

  1. テーブル
  2. テーブルデザイン
  3. SharePoint リスト

です。

この中で、重要なのは「テーブル」と「テーブルデザイン」です。

■1.テーブル

データを直接入力しながらテーブルを作成してゆきます。

■2.テーブルデザイン

最初に、データの項目(フィールド名)を定義します。
その後、その中にデータを入れていきます。

まず、「テーブルデザイン」でデータの項目(フィールド名)を定義してから、データを作成した方がよいです。

「SharePoint リスト」は、あまり使用しませんので、覚える必要はないと思います。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
08:361402

アクセスの構成