エクセルのデータを取り込む(インポートとリンク)


■「インポート」と「リンク」について説明します。

アクセスでは、外部からデータを簡単に取り込むことができます。

■1.取り込むことのできるデータは、

エクセル、他のアクセスのテーブルやクエリのデータ、dBASE、Lotus、テキストファイル、CSVファイルなどです。
殆ど取り込むことができます。

もし、あなたの会社が、マイクロソフト社の「SQLサーバー」やオラクル社のデータベースを使用しているときもそのデータを取り込むことができます。
ODBC(オーデービーシー:Open Data Base Connectivity)というミドルウェアを使ってつなげてデータをテーブルへ取り込むことができます。

このやり方は、別途説明したいと思います。


■2.次に、「インポート」と「リンク」の違いを理解する必要があります。

  1. 「インポート」とは、外部からデータを取り込んだあとは、データは元のデータとは切り離されます。
    再度「インポート」するとデータが追加されます。

  2. 「リンク」は、外部のデータと繋がったままです。外部データを修正するとテーブルも修正されています。
    テーブルのデータを修正すると外部データも修正されます。


■3.では、実際にやってみましょう。

「インポート」も「リンク」もやり方は良く似ています。

今回は、「インポート」について、説明します。

(1)リボンの「外部データ」タブの「インポートとリンク」グループの「Excel」をクリックします。

(2)以下の画面が表示されます。



(3)今回は、エクセルのデータをテーブルに追加しますので、「レコードのコピーを次のテーブルに追加する」の横で「テーブル名」を選択します。
一番下が、「リンク」です。

(4)エクセルファイルを選択しますので、「ファイル名」の横の「参照」ボタンをクリックします。

(5)以下の画面が表示されます。



(6)今回は「製品マスタ.xlsx」のエクセルファイルを選択します。

(7)「開く」をクリックします。

(8)以下の画面が表示されます。
前の画面に戻ります。
ファイル名が選択されています。
「製品マスタ」テーブルに追加します。




(9)「OK」をクリックします。

(10)以下の画面が表示されます。




(11)「次へ」をクリックします。

(12)以下の画面が表示されます。



(13)「完了」をクリックします。

(14)以下の画面が表示されます。



(15)「閉じる」をクリックします。
「インポート操作の保存」にチェックを入れると、今やった操作を保存することができます。

(16)データが追加されました。

(17)以下のようになります。
データが追加されました。






1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
08:361402

アクセスの構成