主キーについて


■テーブルで重要な「主キー」について説明します。





■主キーとは
テーブルの各レコード(データ)を識別するために1意のデータとなるフィールドやフィルードの組み合わせを「主キー」として設定します。


例えば


製品コード 製品名
MATE-A 製品A
MATE-B 製品B

この2つのデータを区別する場合は、どうしますか?

通常、この2つのデータ(レコード)を区別する場合は、「製品コード」で区別します。
製品名は、同じ製品名がある可能性がありますが、「製品コード」はこのテーブルでは必ず1意になります。
重複はありません。
この1意のフィールドを「主キー」にします。

上の図の「製品コード」です。
横に鍵のマークがついています。

「主キー」に設定した項目は、データを入力する場合、必ず1意になります。
同じデータは入力することができません。
「警告」がでます。

アクセスを使って小規模システムを構築する場合は、テーブルには、「主キー」を設定することをお勧めします。

■エクセルデータを取り込んでアクセスのクエリなどを使って加工や分析を行う場合は、「主キー」を設定する必要はないかもしれません。

目的に応じて使い分けてください。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
09:342408

アクセスの構成