リレーション(リレーションシップ)について


■テーブルのリレーション(リレーションシップ)について説明します。

■まずデータについて説明します。

会社の部署のデータを作りたいとします。

以下のようなデータがあったとします。


会社部署コード 部署名 会社コード 会社名
B001 購買部 A001 東京株式会社
B002 営業部 A001 東京株式会社
B003 購買部 A002 大阪株式会社
B004 営業部 A002 大阪株式会社


でもこれをそのまま会社の部署データとして作ったらダメなのです。

■なぜでしょうか?

「会社コード」と「会社名」に同じデータが入っています。
部署を追加するときに「会社コード」と「会社名」の2つを入力する必要があります。
会社の名前が変更されたとき、どうなるでしょう。
対象部署の会社名を全部変更しないといけません。

また、「会社コード」と「会社名」を間違って入力する場合があります。

■では、どうすれば良いのでしょうか?

上のデータを2つに分ける必要があります。
「会社部署マスタ」と「会社マスタ」です。

「会社部署マスタ」は、以下のようになります。


会社部署コード 会社コード 部署名
B001 A001 購買部
B002 A001 営業部
B003 A002 購買部
B004 A002 営業部


「会社マスタ」は以下のようになります。


会社コード 会社名
A001 東京株式会社
A002 大阪株式会社


これを「正規化」といいます。
これで、効率のよいデータになりました。

■でも、まだ問題があります。
「会社部署マスタ」の「会社コード」を入力するとき「会社マスタ」の「会社コード」と違ったデータを入力すると困りますね。
これを解決するのが「リレーション」(リレーションシップ)なのです。

■まず「データベースツール」タブの「リレーションシップ」グループの「リレーションシップ」をクリックします。

以下のような「リレーションシップ」が表示されます。




中央の「会社部署マスタ」の「会社コード」と左の「会社マスタ」の「会社コード」が繋がっています。
「リレーション」が設定されています。

こうすることにより「会社部署マスタ」の「会社コード」は、「会社マスタ」の「会社コード」しか入力できないようになります。
入力ミスが少なくなります。

「会社名」の変更は「会社マスタ」で簡単に行うことができます。

リレーションの設定は、項目をドラッグするだけで簡単にできます。
注意点としては、必ず項目どちらかが「主キー」である必要があります。

これでリレーション(リレーションシップ)が設定されました。




1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(ホームへ)]
08:361402

アクセスの構成