●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

データベースのメリット


■データベースのメリットは何でしょうか?

大規模システムに使用されている、マイクロソフト社の「SQLサーバー」やオラクル社のデータベースが持っているメリットを説明しています。

データベースのは以下のようなメリットがあります。

■(1)同時にアクセスしてもデータが壊れない

複数の人が同時にデータの更新などを行うことができます。
データが壊れることはありません。

アクセスは、原則として、1人で使用するデータベースソフトです。
でも、実際は、同時に使用する場合もあります。
しかし4人から5人が限界だと言われています。


■(2)不正なデータを受け付けないようにする機能

データの入力項目に入力の指定をすることができます。
例えば、データの入力項目に、「数字」の入力の指定がある場合、その項目には数値しか入力することができません
入力ミスなどを防ぐことができます。
これは、アクセスで可能です。


■(3)ユーザー権限の厳密な管理

マイクロソフト社のSQLサーバーやオラクル社のオラクルXXなどのデータベースでは、ユーザー別の権限を設定、管理することができます。
例えば、データベースにログオンする権利、データベースごとに、データを更新したりする権利などです。

しかし、アクセスでは、ユーザーごとに権限を細かく設定することはできません。
簡単な権限とパスワードを設定するくらいです。


■(4)バックアップやリカバリの機能

これも、 マイクロソフト社のSQLサーバーやオラクル社のオラクルXXなどのデータベースです。
データを定期的に保存したり、データが壊れたときに復元することができます。

アクセスでは、この機能はありません。
定期的にデータを保存する必要があります。

データベースには、情報を安全に運用するための仕組みが実装されています。

アクセスでは、マイクロソフト社の「SQLサーバー」やオラクル社の「オラクルXX」のデータベースに比較していくつかの機能は劣っています。
しかし、価格が安く、誰でも簡単に使用することができますので、小規模システムでは多く使用されています。




おすすめ教材


[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス(Access)活用法(ホームへ)]
12:170108

<<全ページのメニューリストです>>

初めての方へ

参考書

データベースとは

アクセス(Access)の概要

アクセス(Access)の構成

テーブル

クエリ

フォーム

レポート

VBA

在庫管理の教材

SQL Serverの教材

QRコードの教材

仕様書の教材

資格取得

その他