●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

アクセスの用途


■アクセスの用途です。

アクセスは、一般的に以下のように使用されています。

  1. 小規模システムの構築

    データの種類や量が少なくて、1台のパソコンで処理するシステムについては、アクセスでシステムを構築するケースが多いです。

  2. アクセスの一部分の機能を使用します。

    エクセルなどのデータを取り込んでアクセス(クエリなど)で加工してデータを作成します。

  3. オラクルやSQLサーバーなどを使ったシステムのフロントエンドとして使用します。

    オラクルやSQLサーバーなどを使用している大規模システムのデータ、
    例えば経理や販売管理などのシステムの入力・修正などの画面などを、アクセスの画面(フォーム)を使って作成するケースがあります。

    アクセスで作成するほうが、VB(ビジュアルベーシック)などに比較して短期間にプログラムを作成することができます。
    またプロトタイプ(試作品)を開発する場合は、アクセスを使用する場合があります。

  4. オラクルやSQLサーバーなどを使ったシステムからデータを取り出して加工する場合、 そのレポーティングツールとして使用します。

    オラクルやSQLサーバーなどを使用している大規模システから、ユーザーの必要とするデータをアクセスで抽出・加工(クエリ)して、レポートを作成します。 

アクセスは、システムを作るだけではなく、エクセルやその他のシステムとも連携もできる、便利なソフトウェアです。




おすすめ教材


[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス(Access)活用法(ホームへ)]
09:322208

<<全ページのメニューリストです>>

初めての方へ

参考書

データベースとは

アクセス(Access)の概要

アクセス(Access)の構成

テーブル

クエリ

フォーム

レポート

VBA

在庫管理の教材

SQL Serverの教材

QRコードの教材

仕様書の教材

資格取得

その他