●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

アクセスを使用するとき注意する点


■アクセスを使用する場合、以下のように、いくつかの注意する点があります。

  1. 必ず、アクセスのプログラムの「XXX.accdb」はコピーをとって外部メディア(CD-R/RW、DVD、フラッシュメモリーなど)に定期的に保存する。

  2. テーブルもエクスポートして外部メディアに定期的に保存する。

  3. ・テーブル/クエリ/フォーム/レポートの名前については名前付けのルールを決めておく。

    例えば、

    • テーブルでは、T_XXXXXなど。 
      例:T_顧客テーブル

    • クエリでは、Q_XXXXなど。 
      例:Q_日別売上

    • フォームでは、F_XXXXなど。 
      例:F_メニュ

    • クエリでは、R_XXXXなど。 
      例:R_日別売上レポート

    などです。

  4. テーブル、クエリ、フォーム、レポートの個別の名前には、「-」(ハイフォン/ダッシュ)は使用しない。
    「-」は、VBAでは、マイナスと認識されます。
    例えば、テーブル名では「T-顧客テーブル」は使用しない方がよいです。
    もし使うのであれば「_」(下線)にします。

などです。




おすすめ教材


[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス(Access)活用法(ホームへ)]
09:322208

<<全ページのメニューリストです>>

初めての方へ

参考書

データベースとは

アクセス(Access)の概要

アクセス(Access)の構成

テーブル

クエリ

フォーム

レポート

VBA

在庫管理の教材

SQL Serverの教材

QRコードの教材

仕様書の教材

資格取得

その他