●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

アクセスで、何ができるの?


NO 内容 分類 発行日
vol003 アクセスで、何ができるの? アクセス(Access)の概要 2007年2月 5日

■アクセスで何が出来るのでしょうか?

■大きく分けて2つあります。

  1. ひとつ目は、データの加工や分析ができます。
  2. 2つ目は、データを入力して利用することができます。
    (小規模システムです)

それぞれについて説明します。

  1. まず、データの加工や分析ができます。

    例えば、エクセルに「売上げ」のデータがあったとします。
    項目は「顧客コード」「売上日」「売上げ数量」の3つです。

    別のエクセルのデータに「顧客データ」があったとします。
    項目は「顧客コード」「顧客名」です。

    この2つのデータを使って「売上げ」データの中に「顧客名」を入れてくれと上司から言われたとしますね。

    あなたはどうしますか? 困りました??

    それぞれのデータの項目は以下のようになります。

    売上げデータ
    の項目
    顧客データ
    の項目
    顧客コード <---> 顧客コード
    売上日  顧客名
    売上げ数量

    このとき、2つのデータの共通の項目「顧客コード」で繋げる必要があります。(矢印の所は、リレーションと呼んでいます。)   

    エクセルでやりますか?
     
    エクセルでもできます。件数が少ない場合ですと、VLOOKUPなどの関数を使って行うことができます。
    でも、件数が数千件になるとエクセルでは大変です。
    エクセルが動かなくなるかも知れません。
      
    これをアクセスでやるとどうでしょうか?
     
    • エクセルデータをアクセスに取り込みます。(インポート)

    • 2つのデータを「顧客コード」でつなげます

    マウスでドラッグするだけです。(クエリでのリレーション)
    5分もあればデータが作成できます。
    それをまた、エクセルへ戻します(エクスポート)

    簡単にできました。

    会社の経理や販売のデータを分析したい場合、もちろん、エクセルでもできますが、複数のデータを使って加工、分析する場合はアクセスの方が、断然便利です。

    クエリというものを使えば簡単にいろいろな加工、分析することができます。

  2. 2つめは、小規模のデータを入力して利用する場合です。

    例えば、毎日の「売上げデータ」を入力して保存したいという場合がありますね。

    もちろんエクセルでも可能ですが、入力項目が多くなったり、件数が増えてくるとエクセルで入力したり加工することが複雑になり、難しくなります。
    また、データを、顧客別日付別データ、 顧客別製品別、日付別売上げなど、いろいろな側面から 加工したい場合、エクセルのピボットテーブルなどでまとめるのは大変です。
     
    アクセスで定型データを作っておけば毎回簡単に作成することができます。

    また、アクセスには強力な帳票機能があります。

    例えば、「エーワン」のラベルや「クロネコヤマト」「佐川急便」などの帳票や見積書、納品書などの多くの雛形のレポート(テンプレート)が最初からあります。
    簡単にいろいろな帳票が作成できます。

    小規模システムを作る場合は、アクセスを利用してプログラムする場合が多いです。
    短期間でプログラムできますし、価格が安くできます。
     


参考にしてください。



おすすめ教材


就職・転職にはマイクロソフトオフィスの知識が必修です。





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス(Access)活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
11:501108

<<全ページのメニューリストです>>

アクセス(Access)の概要

アクセス(Access)全体

テーブル

クエリ

フォーム

レポート

マクロ

VBA

SQL Server

システム開発

SQL Azure

その他