テーブルで覚えること


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol011

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->テーブルで覚えること
              
発行者:高内 章治 2007年4月 3日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】テーブルで覚えること

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「テーブルで覚えること」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: テーブルで覚えること

─────────────────────────────────

アクセスは、データが無いと何もできません。
「クエリ」も「フォーム」も「レポート」も作成できません。

そのデータがテーブルです。

■テーブルで最初に必要なことは、データを作成することです。

■まず、テーブルがどのように出来ているのかを説明します。
例えば、「会社データ」を紙で管理するとします。

あなたは、どうしますか?

まず、どんなデータ(情報)を集めるのか決める必要があります。
「会社コード」や「会社名」などです。
データが決まればそのデータを集めます。

アクセスも同じです。

どんなデータかをまず決めます。これを「フールド名」と呼んでいます。
そして、その「データの型」を決めます。
「データの型」を決めることによりそれ以外のデータの入力は出来なくなります。
例えば、日付の設定をすれば日付以外の入力は出来なくなります。


■アクセスでは、データを入力するには、いろいろなやりかたがあります。
アクセスの上にある「新規作成」をクリックしてください。


アクセスで、新しいテーブルを作るやり方です。
この中で覚える項目は3つです。

  1. デザインビュー
  2. テーブルのインポート
  3. テーブルのリンク

です。

それぞれについて説明します。

  1. デザインビュー

    データの項目(フィールド名)を1つずつ作ります。
    その後、その中にデータを入れていきます。
    システムを構築する場合は、フィールドを定義する必要があります。

  2. テーブルのインポート

    「インポート」とは日本語で「輸入する」という意味です。
    データを外から取り込みます。いろいろなデータが取り込めます。
    エクセル、CVSファイル、テキストファイル、dBASE、Lotusなどです。
    あなたが、データをエクセルで持っている場合は、簡単に取り込むことができます。

    注意する点は、「インポート」は、データが追加されます。
    間違って、同じデータを2回「インポート」するとデータが重複します。
    新しく「インポート」したい場合は、前のデータを削除する必要があります。

  3. テーブルのリンク

    リンクでもエクセルなど外からのデータを取り込むことができます。
    インポートはデータを取り込んだら元のデータとは、切り離されます。
    でも、リンクは繋がったままです。
    エクセルデータが更新されれば、リンクしたテーブルも更新されます。
    リンクしたテーブルを変更するとエクセルの元データも変更されます。

アクセスでデータを作成する場合、元データをエクセルで準備して、そのデータをエクセルからアクセスへ「インポート」する場合が多いようです。

参考にしてください。

こちらのホームページも参考にしてください。

http://www.sk-access.com/syo_table/sta002_oboeru.html



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

先週の日曜日は、桜が満開でした。
きれいでしたね。

あなたの所は如何でしたか?


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:151001

アクセス全体

VBA

SQL Server