データとプログラムを分ける


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol016

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->データとプログラムを分ける
              
発行者:高内 章治 2007年5月15日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】データとプログラムを分ける

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「データとプログラムを分ける」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: データとプログラムを分ける

─────────────────────────────────

■私は、お客様からアクセスのプログラムの作成を依頼された場合必ず、データとプログラムを分けるようにしています。

どのようになっているかと言いますと

まずアクセスは2つあります。

1つは、テーブルだけのアクセスのデータベースです。
ここにデータが保存されます。

もうひとつは、クエリ、フォーム、レポート、VBAの入ったアクセスのデータベースです。
そして、このアクセスは最初のアクセスのテーブルへリンクしています。

■何故、こんなことをするのでしょうか?

理由は、主に3つあります。

  1. まず、プログラムのバグ(不具合)対策です。

    お客様のアクセスのプログラムを作成したときに必ず発生するのがプログラムのバグ(不具合)です。

    このとき、データとプログラムを分けていれば、プログラムのアクセスのみ差し替えれば、OKです。
    お客様のデータは、何もする必要がありません。

    お客様も大事なデータをプログラム屋さんに渡す必要もありません。
    個人情報などのデータがある場合は、お客様も取り扱いに神経質になっています。

  2. 次に、レポートなどのプログラムの追加です。

    これも、必ずあります。特にレポートの追加です。
    この場合も、修正したプログラムのみ差し替えればOKです。

    この2つが一番多いです。

    データベースの修正が発生した場合は、データ(テーブル)の入ったアクセスも差し替える必要がありますが、その時は仕方ないですね。

  3. 最後に、アクセスの処理のスピードです。

    アクセスのデータベースにデータが入っていると、データが段々増えて、ファイルのサイズが大きくなります。
    プログラムの処理スピードが段々遅くなります。

    データ(テーブル)プログラムを分けるとプログラムのみのサイズですので処理のスピードが速くなります。

■では、その作成のやり方を説明します。

  1. まず、通常のようにテーブルの入ったアクセスのプログラムを作成します。

  2. アクセスには、自動でデータ(テーブル)とプログラム(クエリ、フォーム、レポートなど)を分けることができますが、私は、自分でやる方をお勧めします。

  3. アクセスのデータベース(プログラム)をコピーします。
    同じアクセスが2つできます。

  4. 1つのアクセスのデータベースをデータにしますので、テーブルを残してその他の、クエリ、フォーム、レポートを削除します。

  5. もう1つのアクセスのデータベースは、プログラムにしますのでテーブルのみ削除します。

  6. プログラムの入ったアクセスのデータベースのテーブルにデータの入ったアクセスのデータベースをリンクします。

  7. これで、通常とおりプログラムを使用することができます。

■注意事項としては

  • データとプログラムを分ける前のアクセスのデータベースは必ずバックアップを取っておいた方がよいです。

  • データとプログラムを保存するフォルダーを予め決めていた方がよいと思います。
    もし違うフォルダーにデータを保存するとテーブルのリンクの場所の変更が必要になります。

■その他のメリットとしては、

  • データとプログラムを分けることで、ネットワークを使用して複数の人が同じデータのアクセスのプログラムを使うことができます。

    データの入ったアクセスのデータをサーバーなどの保存してユーザーのパソコンのアクセスのプログラムからリンクして使用することが出来ます。

    アクセスでは、4人程度までなら大丈夫だと言われています。

以下のページは、エクセルのリンクのやり方ですが、やり方は同じです。
アクセスのテーブルのリンクはもっと簡単です。

http://www.sk-access.com/syo_table/sta004_import.html


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

皆さんは、Office2007を既に使っていますか?

現在は、アクセス2002/2003での使い方を説明していますが2007で説明しようかどうしようか迷っています。

多分、2002/2003を使用している方がまだ多いと思いますのでしばらくはこのまま2002/2003で説明したいと思います。
ホームページも同様です。


それにしても、Office2007をインストールしたらパソコンが急に遅くなってイライラしますね。
使い方もまだ慣れていませんので。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:592003

アクセス全体

VBA

SQL Server