●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

フォームの作成


NO 内容 分類 発行日
vol022 フォームの作成 フォーム 2007年6月27日

■アクセスを使ってデータを加工する場合、テーブルとクエリを勉強すればかなりの事ができます。

例えば、
外部データとして、エクセル、SQLサーバー、オラクルのデータがあったとき、アクセスのテーブルにインポートしたりリンクしたりすれば、簡単にクエリで必要なデータを加工することができます。

■しかし、アクセスの中にデータを保存、蓄積する場合は、アクセスにデータを入力する必要がでてきます。

アクセスを知らない人にテーブルやクエリを作成したり修正したりしてもらうのは、殆ど無理です。

■このような場合、フォームを作成することにより簡単にデータを入力したりいろいろな作業をして貰うことができます。

フォームでは、画面を作成することができます。

市販のソフトなどは、画面からデータ入力などの作業をおこないます。
アクセスでは、この画面の作成をフォームを使っておこないます。

■でもここで問題があります。

フォームで出来た画面は使いやすいのでユーザーは楽になるのですがプログラムを作成する人は非常に大変です。

フォームの作成は、アクセスの中でも難しく手間がかかります。

複雑な作業をおこなう場合には、このフォームの中にVBA(ビジュアルベーシックフォーアプリケーション)でプログラムを入れる必要があります。

しかし、フォームをマスターすれば、業務で使用するいろいろなプログラムを作成することができます。

ユーザーにとっても使いやすいプログラムになります。

フォームまでマスターできればアクセスは大丈夫ですね。

■フォームで覚えることは以下のようなことです。

  1. ツールボックスの内容
  2. プロパティ
  3. プロパティの中の重要な項目とやり方
  4. マクロ、VBAの内容

次回からフォームの中での重要な内容を説明したいと思います。

ホームページにもフォームの内容をまとめていますのでご覧ください。


参考にしてください。



おすすめ教材


就職・転職にはマイクロソフトオフィスの知識が必修です。





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス(Access)活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
11:481108

<<全ページのメニューリストです>>

アクセス(Access)の概要

アクセス(Access)全体

テーブル

クエリ

フォーム

レポート

マクロ

VBA

SQL Server

システム開発

SQL Azure

その他