フォームとプロパティ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol026

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->フォームとプロパティ
              
発行者:高内 章治 2007年7月25日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】フォームとプロパティ

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「フォームとプロパティ」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: フォームとプロパティ

─────────────────────────────────

私は、ホームページに書いていますが、

「クエリを制する者がアクセスを制す」
「フォームはプロパティが命」

と思っています。

アクセスを勉強するには、クエリが一番重要です。
クエリをマスターすれば、会社などで非常に役に立ちます。

フォームは、データの入力やユーザに使いやすくするために必要です。
作成するのは、フォームの方が面倒くさいです。

フォームの中で絶対に理解しておかないといけないのは「プロパティ」です。
「プロパティ」とは日本語で「特性」とか「属性」とか呼ばれています。
レポートにも「プロパティ」があります。

「プロパティ」は、画面の「フォーム」「フォームヘッダー」「詳細」「フォームフッター」だけではなく「ツールボックス」の「ボタン」や「テキストボックス」「ラベル」などの「コントロール」に全部にあります。

それぞれに対して「プロパティ」はかなりたくさんあります。
例えばデータを入力したりする「テキストボックス」には74あります。

「プロパティ」でまず覚えないといけないのは構成です。
例えば「フォーム」の中に「テキストボックス」を作ります。
右クリックで「プロパティ」をクリックします。

「プロパティ」は5つのタブに分かれています。
大きなグループです。


プロパティのタブ 内容
(1)書式 サイズや形、表示などの書式を設定します
(2)データ フォームやテキストボックスなどに繋げて表示するデータです。
(3)イベント 作業の処理を設定します。
例えば、ボタンに対してクリックした時の処理などです。
(4)その他  コントールの名前やその他の項目です。
(5)すべて プロパティを全部表示します。
 
それぞれのグループの中に個々の「プロパティ」があります。

今回は、一番重要なデータの連結について説明します。
「フォーム」で「テーブル」のデータを表示するやり方です。

今回は一番重要なフォームでテーブルのデータを表示した時のデータの繋がりを例を上げて説明します。

例えば
テーブルに「顧客データ」があります。
フィールドは「顧客コード」と「顧客名」があります。

これをフォームで表示させるにはどうすればよいでしょうか?

フォームウィーザードやオートフォームを作るとすぐに作成できますが、どうなっているのかわかりません。
修正などをする場合は、内容を知っておく必要があります。

  1. まずこの「フォーム」に「顧客データ」のテーブルを連結する必要があります。

    • 「フォーム」の「プロパティ」を表示します。

    • 「プロパティ」の画面の左上で「フォーム」になっていることを確認します。

    • 「データ」タブの「レコードソース」で「顧客データ」を選択します。

    これで、この「フォーム」が「顧客データ」テーブルに連結しました。

  2. 同じように「フォーム」の「プロパティ」で「書式」タブで「規定のビュー」で「帳票フォーム」か「単票フォーム」を選択します。
    「帳票フォーム」はエクセルのように一覧で表示されます。
    「単票フォーム」は1画面1データで表示されます。

  3. 次に「顧客コード」を表示させます。

    • ツールボックスから「テキストボックス」をドラッグします。

    • 「テキストボックス」の「プロパティ」を表示します。

    • 「データ」タブの「コントールソース」で「顧客コード」を選択します。

    • 「フォーム」を開くとデータが表示されます。
     

これで終わりです
何だ簡単なんだ。

そうです。
簡単なのですが知らないと非常に困ります。

データの連結では絶対に覚えていた方が良いことです。

参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

最近、2日に1度くらい

You've received a postcard from a School mate!

のタイトルのメールがきます。
「学校の友達から郵便がきています」というメールです。

これは、「ウィルスのメール」です。
皆さんは、このメールの中にあるホームページを絶対に、クリックしないでください。

ここをクリックするとウィルスに感染します。

注意しましょう。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:151001

アクセス全体

VBA

SQL Server