●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

フォームのプロパティ(イベント)


NO 内容 分類 発行日
vol027 フォームのプロパティ(イベント) フォーム 2007年8月 1日

フォームでデータ連結(データタブ)の次に重要なのが「イベント」です。

「イベント」とは、日本語で言うと「出来事」「事件」という意味です。

つまり、何か出来事が起こると言うことです。
アクセスでは、いろいろな処理のことを示します。

例えば、
「ボタン」を「クリックする」とか「テキストボックス」で「ダブルクリックする」などです。

この「クリックする」「ダブルクリックする」などが出来事イベントです。

このイベントにいろいろな処理を作成します。

例えば

「ボタン」を「クリックしたら」「フォームを開く」という処理をやりたいとします。

やり方としては、

  1. まず「ボタン」を作成します。

  2. 次に「ボタン」のプロパティを表示します。

  3. 「イベントタブ」の「クリック時」の横の3つの点のボタンをクリックします

  4. 「コードビルダー」を選ぶとVBAの画面に移動します。
    「マクロビルダー」を選ぶとマクロの画面に移動します。

  5. 「フォームを開く」と言う処理をVBAやマクロを作成します。

です。


ここで注意することは
「ボタン」などのコントロールを作成した場合には、最初は「コマンドXX」と言う名前が自動で付きますので必ずわかりやすい名前をつけることです。

同じ名前を1つのフォーム内ではつけることができません。
必ず一意になります。
この名前に対するイベント(処理)に対してVBAなどのコードを作成します。

まず皆さんが覚えることは、イベントの種類と内容です。
どんなことができるかです。

書店でアクセスでVBAのコードの本がありますがそれは上の(5)を説明したものです。
その前にイベントの内容を知らないとVBAは使えません。

例えば、
「ボタン」の処理は「クリックする」だけですね。
「イベントタブ」で使用するのは「クリック時」です。
ここにVBAやマクロを作成します。

では、「テキストボックス」のイベントはどんなことが出来るでしょうか?

イベントとしては「17」あります。

「テキストボックス」でよく使用するのは

  • 更新前処理
  • 更新後処理
  • フォーカス取得時
  • クリック時
  • ダブルクリック時
  • キークリック時

などです。

次回にこれらの処理を具体的に説明したいと思います。

フォームではこのイベントをどのように使うのかが結構難しいのですね。


参考にしてください。



おすすめ教材


[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス(Access)活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
11:410409

<<全ページのメニューリストです>>

アクセス(Access)の概要

アクセス(Access)全体

テーブル

クエリ

フォーム

レポート

マクロ

VBA

SQL Server

システム開発

SQL Azure

その他