Windows API


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol051

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->Windows API
              
発行者:高内 章治 2008年2月26日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】Windows API

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「Windows API」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: Windows API

─────────────────────────────────

皆さんは、Windows APIって聞いたことがありますか?
APIとかAPI関数などと呼んでいます。

APIとは、Application Programming Interfaceの略です。

アプリケーションからOSへの命令の仕方を定めたもので、アプリケーションの開発を容易にするために、OSなどのプラットホームにあらかじめ備えられたソフトウエア資源と定義されています。

つまり、アクセスで持っていない機能をAPIを使って作成することができます。

APIっていろいろな所にあります。

例えば、
キーワードとホームページ名をいれるとグーグルなどの検索の順位がわかるホームページがたくさんありますね。

これは、グーグルが、「グーグル WEB API」というプログラムを無料で開放していますのでそのプログラムを使ってホームページで利用すると簡単にグーグルの検索順位を自分のホームページに表示することができます。

アクセスでも同じです。
アクセスで出来ないことをAPIを使って作成することができます。


アクセスでは、大体のプログラムを作成できるのですが、できないこともあります。

私が使っているのは、

例えば、
VB(ビジュアルベーシック)だと画面の大きさを固定することができます。
VBでプログラムを作成するとユーザーは一定の大きさの画面で使用することができます。

アクセスの場合ですと、
外側にアクセスの画面がでてその中にいろんな画面(フォーム)が表示されます。
中のフォームのサイズは固定できるのですが、外側の画面は自由に変更することができます。
アクセスを知らない人は戸惑ってしまいます。

VBみたいに画面を固定したいですね。

これは、アクセスだけでは、出来ないのです。

これを行うには、Windowsが持っている API関数を使います。

この画面を固定する、API関数をアクセスのモジュールに入れて画面を開いたときに読み込みます。

そうすると、アクセスなのにVBみたいな画面になります。

これは、結構いいですよ。
かっこいいです。
ユーザーには人気があります。

API関数は、いろいろな人がインターネットに開示しています

一般的に、API関数は、VBAから使用しますので、グーグルなどで「API関数 VBA」などで検索するといろいろ表示されます。

もし、アクセスでこんな機能があればいいなあと思ったらAPI関数を調べて見るのもいいと思います。

今、私がAPI関数でやろうとしているのは、インポートするファイルを選択する画面を、APIでやろうかなと思っています。

VB(VB.NET)では出来るのですが、アクセスだけでは出来ないのです。

参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

先週は、メルマガを出せませんでしたので、今日出しています。

少し、暖かくなってきているのか、梅が咲いていました。
今週で、2月も終わりですね。やっぱり、2月は短いですね。

もう春が近いのでしょうか。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:410603

アクセス全体

VBA

SQL Server