マクロ(テキストデータのインポート)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol053

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->マクロ(テキストデータのインポート)
              
発行者:高内 章治 2008年3月19日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】マクロ(テキストデータのインポート)

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「マクロ(テキストデータのインポート)」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: マクロ(テキストデータのインポート)

─────────────────────────────────

前回、テキストデータをインポートするとき、定義データを作成しておくと、2回目以降は、項目やカラムの定義を行なわずに簡単にテキストデータのインポートが出来るやり方を説明しました。

http://www.sk-access.com/mailmaga/vol052.html

に前回のメルマガがあります。


今回は、もっと簡単におこなうやり方です。
マクロを実行するだけで、テキストデータを自動でテーブルにインポートする方法を説明します。

複雑な作業を行うには、VBA(ビジュアルベーシックフォー
アプリケーション)を勉強する必要がありますが、簡単な作業は、
マクロが便利です。

特に、作業を自動化したい場合です。

エクセルにもマクロがありますね。

エクセルでも自動化するときにマクロを使います。
アクセスでも同じです。

やり方は全然違います。

でも、簡単です。

それでは、まず前回やった作業を説明します。

例をあげます。

----------------------

1.以下のようなテキストデータがあったとします。


製品名 分類名
A123 プリンター
B123 デジカメ

1カラムから10桁が「製品名」 テキストデータ
11カラから10桁が「分類名」 テキストデータ
テキストデータには、項目名はありません。

2.データをアクセスへ取り込みます

  1. テーブルで新規作成/インポートをクリックします。

  2. ファイルの種類は、「テキストファイル」にします。

  3. 取り込むテキストデータをインポートします。

  4. テキストインポートウィザードが表示されます。
    固定長の方です。

  5. このとき、左下の「設定」をクリックします。

  6. ここにデータを定義します。
    上の例ですと


    フィールド名 データ型 開始位置 スキップ
    製品名 テキスト型 1 10
    分類名 テキスト型 11 10

    これは、テーブルの定義と同じです。
    スキップにチェックを入れるとその項目はインポート
    されません。

  7. そして、必ずこの定義したものを保存します。

  8. OKで戻りますので、通常のインポートのやり方をおこないます。


次回インポートするときは、「5」の設定をクリックして「定義」をクリックします。
前回保存した定義データを開きます。
OKすると簡単にインポートできます。

----------------------

これを、マクロで実行します。(アクセス2002/2003です)

  1. オブジェクトでマクロを表示します。

  2. 新規作成をクリックします。

  3. アクションのカラムにカーソルを持ってきます。

  4. 横のドロップダウンで「テキスト変換」を選択します。

  5. 下にアクションの引数が表示されます。

    • 変換の種類:固定長インポートを選択します。

    • 定義名:ここにインポートしたときに定義したデータを選択します。

    • テーブル名:インポートしたデータを書き込むテーブル名です。

    • ファイル名:インポートするテキストのファイル名です
      c:¥xxxxx.txtのように入力します。

    • フィールド名の設定:いいえ
      

にします。

このマクロを名前をつけて保存します。
実行をクリックします。

テキストデータがテーブルにインポートされました。
簡単ですね。

注意点としては、インポートすると前のデータに追加されます。
もし、データを入れ替えたいときは、テーブルのデータを削除したあとにインポートします。

データ削除のマクロを入れる場合は、オブジェクトの削除でテーブルを削除してインポートする必要があります。

マクロはとても便利です。
参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

最近、すごい円高ですね。一時は、1ドル96円になりました。

今日は、アメリカのFRBが金利を下げたので、1ドル100円になりました。

円高になっても、原油が安くなってガソリンや他の原料がなどが安くなるとよいのですがガソリンは安くなりませんね。
食品も高くなっています。

円高になっても円安になっても、物価は高くなっているように感じています。

どこにお金が行っているのでしょうか。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:400603

アクセス全体

VBA

SQL Server