アクセス2007の起動時の設定


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol063

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->アクセス2007の起動時の設定
              
発行者:高内 章治 2008年6月11日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】アクセス2007の起動時の設定

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「アクセス2007の起動時の設定」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: アクセス2007の起動時の設定

─────────────────────────────────

アクセス2007になって、起動時の設定のやり方が変わりました。
アクセス2007では、「起動時の設定」とは呼ばないようです。


アクセス2000/2002/2003には、「起動時の設定」があります。

「起動時の設定」とは、アクセスで作成したプログラムを起動したときの設定をおこなうことができます。

ユーザーの人が、アクセスのプログラムを使用する場合、「起動時の設定」をおこなわないと、テーブルとかクエリ、フォーム、レポートの一覧が表示されます。

困りますね。
ユーザーの人が混乱します。

どれが、トップメニューなのかわかりません。

また、間違ってテーブルやクエリを削除されたり、修正されたりする可能性もあります。

ユーザーの人が、プログラムを立ち上げたら、最初にトップメニューが表示され、触って欲しくないテーブルやクエリ、フォームやレポートは非表示にしたいですね。
また、不必要な、メニューバーやツールバーも隠したいですね。


その設定を行うのが「起動時の設定」です。


アクセス2007では、「起動時の設定」というメニューバーはありません。
でも、この設定は必要ですので、今回はそのやり方を説明します。

  1. 左上の「Office」ボタンをクリックします。

  2. 右下の「Accessのオプション」をクリックします。

  3. 左のメニューで「カレントデータベース」をクリックします。

  4. 「アプリケーションタイトル」にシステムの名前を入力します。

  5. 「フォームの表示」にトップメニューのフォーム名を選択します。

  6. 「ステータスバーの表示」 
    「ショートカットキーを有効にする」
    「ナビゲーションウィンドウを表示する」
    「すべてのメニューを表示する」
    「既定のショートカットメニュー」
    のチェックをはずします。


プログラムを終わって立ち上げるとトップメニューが表示されます。

修正したいときは、「シフトキー」をずっと押したままプログラムを立ち上げます。

リボンの表示を消したい場合は「リボンの最小化」にします。

参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

昨日から、梅雨にはいったようです。
今回は、北にある東京の方が早く梅雨になりました。

今年の季節は、何かおかしいですね。

地球温暖化の影響でしょうか。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
11:442301

アクセス全体

VBA

SQL Server