印刷の並べ替えとグループ化


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol079

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->印刷の並べ替えとグループ化
              
発行者:高内 章治 2009年1月15日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】印刷の並べ替えとグループ化

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「印刷の並べ替えとグループ化」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: 印刷の並べ替えとグループ化

─────────────────────────────────

いつも、アクセスで印刷のレポートを作成するときに、「並べ替え/グループ化」で悩みます。

レポートを作成するときは、並べ替えとグループ化を有効に使って要求にあったレポートを作成しましょう。

レポートには、ヘッダーとフッターがあります。
ヘッダーとは、詳細の上に表示されます。
フッターは、詳細の下に表示されます。

詳細にデータが表示されます。

ヘッダーとフッターは、いくつか種類があります。

レポートヘッダー、レポートフッターページヘッダー、ページフッターなどは、最初からあります。

新しく、グループを作れば
グループヘッダー、グループのフッター
を作成することができます。

レポートヘッダーは、レポートの最初に1回表示されます」。

レポートフッターは、レポートの最後に1回表示されます。
総合計などの表示に使用する場合が多いです

ページヘッダーは、ページの最初に表示されます。
ページの名前や項目の名称を表示します。

ページフッターは、ページの最後に表示されます。
ページ番号や、印刷日付などを表示します。

これ以外に、グループ別にまとめたい場合や計算したい場合にグループを作成することができます。

このグループで、ヘッダー、フッターを表示することができます。

「並べ替え/グループ化」を使用します。

「並べ替え/グループ化」は、レポートでは、とても大切です。

印刷の表示のコントロールができます。
並べ替えだけでも行うことができます。

グループにはプロパティがあります。

グループヘッダーを「はい」するとグループのヘッダーを作成することができます。
グループの表示に使用します。

グループフッターを「はい」するとグループのフッターを作成することができます。
グループ別の合計などを表示します。

グループにはプロパティの一番下に「同一ページ印刷」があります。

例えば、「顧客名」というグループを作成した場合、
「顧客名」でグループ化されますが、もしデータがたくさんあって次ページにまたがった場合、次のページには、「顧客名」のグループは表示されません。
ここを「グループ全体」にすると「グループ」の分割がページにまたがりませんので見やすくなります。
これは、重要です。


「並べ替え/グループ化」を有効に使いましょう。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

最近、寒い日が続いていますね。
雪も降っています。

また、数日したら暖かくなるようです。

正月が過ぎたら、風邪を引いて、2日程寝込んでしまいました。
インフルエンザでは、なかったですが、体力を消耗してしまいました。

温度差があるのが、良くないですね。
体調には、気をつけましょう。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
14:221505

アクセス全体

VBA

SQL Server