プロパティのタブの内容


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol086

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->プロパティのタブの内容
              
発行者:高内 章治 2009年4月28日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】プロパティのタブの内容

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「プロパティのタブの内容」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: プロパティのタブの内容

─────────────────────────────────

前回、プロパティの重要性について説明しました。

今回は、その続きで、そのプロパティの内容について、大きな概要を説明したいと思います。

アクセスの参考書は、このプリパティって、さらーとしか書いていないのが多いようです。

詳細を書くと多分混乱してわからなくなってしまうからでしょうね。

フォームやレポートを作成するときは、ツールボックスから、ボタンやテキストボックスなどを持ってきて作成します。

それらのフォームやレポートには、全部プロパティを持っています。
日本語で言うと属性ですね。

今回は、プロパティの内容の構成を説明します。

フォームで説明します。

例えば、ツールボックスから、ボタンをフォームへドラッグします。
(ウィザードは使いません。)

フォームにボタンが作成されます。

このボタンを右クリックして、プロパティを表示させます。

ここにいろいろなタブが表示されています。
そして、そのタブの中に項目が表示されています。

これは、フォーム、フォームヘッダー、詳細、ボタンなど全部(オブジェクト)に対して、存在します。

このプロパティで、いろいろな設定をします。

プロパティのタブには、大きく5つに分けられています。

「書式」「データ」「イベント」「その他」「すべて」です。

「書式」タブの項目は、形や色、文字のサイズなどを設定します。

「データ」タブの項目は、データの連結やデータの編集などを設定します。

「イベント」タブは、テキストボックスやボタンなどの実行に対するやることを設定します。

その他は、テキストボックスやボタンなどの名前などを設定します。

「すべて」は、「書式」「データ」「イベント」「その他」が全部表示されます。

個別の内容は、実際にやりながら覚えていくしかないですね。

この、プロパティの内容が、どんなものか知りたい場合は、いい方法があります。

例えば、
ボタンをクリックして違うフォームを開きたいとします。

  1. ツールボックスからボタンをドラッグします。
    このとき、ウィザードを押しておきます。

  2. 「コマンドボタン ウィザード」が表示されます。

  3. 「フォームの操作」の「フォームを開く」を選んで「次へ」をクリックします。

  4. 開きたいフォーム名を選択します。「次へ」をクリックします。

  5. 「文字列」を選んで「次へ」をクリックします。

  6. 確認だけですので、ボタンの名はそのままでよいと思います。

  7. 「完了」をクリックします。

終わりました。

ボタンをクリックしてください。

フォームが開くと思います。

このボタンのプロパティを見てください。

「イベント」タブの「クリック時」をクリックすると横に小さなボタンが表示されます。

クリックすると、VBAの画面に行きます。
ここに、VBAのコードが書かれていると思います。

これは、「ボタン」を「クリック時(したとき)」に、このVBAの処理をしないさということです。
(VBAの中に開くフォーム名は、アスキーコードになっていますのでわかりませんが。)

こんな感じですね。

プロパティの詳細については、テキストボックスやボタンなどそれぞれのケース(オブジェクト)に対して、勉強する必要があります。

実際にやってみる方が学習が早いですね。


私も、実際のシステムが構築するためのプロパティとVBAが、殆ど入っている教材を販売しています。

実際の教材の内容を、3分の1くらい開示していますので、参考にしてください。

この無料レポートを見るだけでも、プロパティの内容はわかるのかもしれません。

http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html

http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

先週の終わりから、豚インフルエンザのニュースが毎日放送されていますね。

海外では、感染がどんどん広がっています。

悪いことに、日本は、今週からゴールデンウィークが始まりました。
長い人で、16連休もあるようです。

海外にも行く人が多いようですので気をつけてください。

手洗い、うがい、マスクは忘れないようにしないといけないですね。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:562003

アクセス全体

VBA

SQL Server