アクセスのコードの習得


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol090

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->アクセスのコードの習得
              
発行者:高内 章治 2009年6月24日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】アクセスのコードの習得

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「アクセスのコードの習得」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: アクセスのコードの習得

─────────────────────────────────

よく、アクセスを勉強されている方から質問を受けます。

アクセスは、範囲が広くて、どこまで勉強すればよいかということです。

VBAのコードとか、関数、ADOなどのコードなどを覚える必要があるかということです。

アクセスの資格を取るつもりの方は、資格にあわせて覚える内容がありますね。

でも、会社などで、プログラムを作る方は、プロパティ、VBAのコードとか、関数、ADOなどのコードを覚える必要はありません。

プログラムが出来ればいいのですから。

プロパティ、VBA、関数、ADOなどの参考書は必要ですが。

でも、最低限、知っておかないといけないのは、

  • アクセスの全体像とつながり
    テーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、VBAなどです。
  • フォームやレポートのプロパティ
  • VBAやマクロでどんなことができるか
  • 関数でどんなことができるか
  • ADOで何ができるのか


などです。

細かい、コードを覚える必要はありません。

どこで、どういうときに使うかを覚える必要があります。

コードは、必要に応じて作成して行きます。

自分で作ることが大事です。
そして、それを使って次のプログラムを作ります。

私も、お客様のプログラムを作っていますが、最初から作るのは殆どありません。

今まで作ったプログラムを、コピーして、修正、追加して作っています。

もちろん、お客様の仕様にあわせてデザインは変えます。
でも、VBAはコピぺです。

VBAなんて、自分で書いていたら、スペルミスが多くて使えません。

やっぱり、少しづつ自分で実際に作って勉強してゆくことです。


アクセスの全体像を勉強したい人は、

http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html

の中央より下に「無料レポートのお申込みフォーム」があります。
これは、私が作った教材の最初の数十ページを無料で開示しています。

アクセスの概要がわかると思います。

ご覧になりたい方はどうぞ。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

先日、知り合いの人が、安いノートブックパソコンが欲しいということで、中古のノートブックを見に行きました。

安くなっていますね。
画面は大きいし、きれいです。

最近は、安いミニノートパソコンが販売されているせいか中古の、ノートパソコンが格安で販売されていました。

ニュースでも、今は、中古のノートブックは買い時だと書いていましたが、本当なのですね。

もちろん、買って帰りました。

かなり得した気分です。

ノートブックが欲しい方はいいかもしれませんよ。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
14:211505

アクセス全体

VBA

SQL Server