●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

MDE/ACCDEファイルの作り方


NO 内容 分類 発行日
vol102 MDE/ACCDEファイルの作り方 アクセス(Access)全体 2010年1月 6日

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

今回は、

「MDE/ACCDEファイルの作り方」

についてお話したいと思います。

あなたが、アクセスで作ったプログラムをユーザーに配布する場合、どのようにしていますか。

拡張子が、MDB(アクセス2000/2002/2003)やACCDB(アクセス2007)のまま配布していますか?

MDBやACCDBだと問題がある場合があります。

  • フォームやVBAのプログラムをユーザーが修正することができます。
    フォームのデザインを修正して間違った処理になったら大変です。

  • 他の人に、フォームのデザインやVBAは見られてしまう。
    例えば、社外の人にコピーされて使用されてしまうなどの問題があります。


そのために、アクセスには、ユーザーがフォームやVBAの修正ができないようにアクセス2000/2002/2003ではMDEファイル、アクセス2007では、ACCDEファイルを作ることができます。

テーブルやクエリは見ることができますが、フォームやレポートはデザインを見ることはできません。

拡張子がMDE、ACCDEになります。

作成のやり方を説明します。

■1.アクセス2002/2003

  1. ツール/データベースユーティリティ/データベースの変換でアクセスのバージョンを選択します。
    最初は、データベースは2000になっていますので、アクセスのバージョンをあわせます。

  2. 変換するファイル名を入力します。

  3. 警告が表示されます。
    例えば、
    ファイル形式を変換すると他のユーザーと共有できなくなりますと表示がでます。
    「OK」をクリックします。

  4. 表示しているアクセスを閉じます。

  5. ファイル形式を変換したアクセスのプログラムを開きます。

  6. ツール/データベースユーティリティ/MDEファイルの作成をクリックします。

  7. ファイル名を入力します。
    拡張子がMDEになっていると思います。

  8. 「保存」をクリックします。

  9. MDEファイルが作成されています。

このとき、注意点があります。

アクセスのプログラムのファイルサイズが小さいときはMDEは問題なく作成できるのですが、サイズが大きくなるとエラーがでる場合があります。

その時は次のコンパイル作業を(5)の後に行ってください。

  • ツール/マクロ/Visual Basic Editorをクリックします。

  • デバッグ/<プログラム名>のコンパイルをクリックします。

  • アクセスを閉じます

  • 「保存」します。

  • 再度、コンパイルされたアクセスのプログラムを立ち上げます。

続けて(6)からの作業をおこなってください。

MDEファイルが作成されます。


次がアクセス2007でのやり方です。


■2.アクセス2007

  1. データベースツールタブ/ACCEの作成をクリックします。

  2. 必要であればファイ名を変更してください。
    拡張子はaccdeになります。

  3. 「保存」をクリックします。

  4. アクセスを終わって再度立ち上げます。


立ち上げるとセキュリティに関する通知が表示されます。
「開く」をクリックしてください。 

アクセス2007では、コンパイルの必要はないようです。

それにしても2000/2002/2003と2007で使い方が異なるのは本当にいやですね。
オフィス2010で改善されるのでしょうかね。


参考にしてください。



おすすめ教材


[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス(Access)活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:002505

<<全ページのメニューリストです>>

アクセス(Access)の概要

アクセス(Access)全体

テーブル

クエリ

フォーム

レポート

マクロ

VBA

SQL Server

システム開発

SQL Azure

QRコード

Excel VBA

その他