バーコードの作成(Access2007)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol117

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->バーコードの作成(Access2007)
              
発行者:高内 章治 2010年8月18日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】バーコードの作成(Access2007)

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「バーコードの作成(Access2007)」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: バーコードの作成(Access2007)

─────────────────────────────────

アクセス(Access)2007でのバーコードラベルの作成方法を説明したいと思います。

バーコードとは、市販で販売されている商品に印刷されている縦じまのコードです。
殆どの商品に印刷されています。

市販の商品は、13桁で4から始まっています。

これは、JANコードといわれ主に日本で使用されている規格です。
最初の4は、日本という意味です。

このバーコードは、便利です。
コンビニでは、ピーピーとスキャナで商品のバーコードを読むことで、商品の値段の計算が素早く簡単にできます。

これを、工場や事務所でも使いたいですね。
バーコードを読むだけでしたら、バーコードを読むスキャナとエクセルがあれば簡単に使うことができます。

でも、社内で部品や原材料、製品にバーコードを貼り付けて管理したい場合はバーコードを作成する必要があります。

現在、パソコンショップや電気店にいくとこのバーコードを作る専用のソフトが販売されています。

でも、アクセスを持っていれば、このバーコードを簡単に作成することができます。

■それでは、簡単なやり方を説明します。

バーコードは、アクセス2007のレポートで印刷します。

順番に説明します。

バーコードの入ったテーブルは必要ですね。
JANコードですと13桁の数字です。
フィールド名はバーコードのみします。

次に、できれば印刷するクエリを作成します。
これもフィールド名はバーコードのみです。

では、このバーコードをレポートで作成します。

  1. 作成タブのレポートウィザードなどで、表形式でレポートを作成します。
    項目は、バーコードだけでよいです。

  2. OKでレポートができました。
    でも、レポートにはバーコードの数字だけが表示されています。

  3. 今から、バーコードを作成します。
    バーコードのコントロールは、通常のツールボックスにはありません。
    新しく追加する必要があります。

  4. データベースツールタブの左の「Visual Basic」をクリックします。

  5. VBAの画面が表示されます。

  6. ツール/参照設定をクリックします。

  7. 参照可能なライブラリファイルで
    「Microsoft Access BarCode Control 9.0」にチェックを入れます。
    OKをクリックします。

  8. 作成したレポートでバーコードの数字の下を広くします。
    縦じまのバーコードを入れる為です。

  9. デザインタブのコントロールの右下の「ActiveXコントールの挿入」から「Microsoft バーコード コントロール 9.0」を選択します。
    レポートの中でバーコードの枠を作成します。   

  10. 縦じまのバーコードラベルができます。

  11. 右クリックしてプロパティを開きます。

  12. レポートには既にクエリが連結されていると思いますのでバーコードのプロパティのデータタブを表示します。

  13. コントロールソースでクエリのフィールドを選択します。
    バーコードの数字が入っている項目です。

  14. レポートを表示すると入力した数字に対応した縦じまのバーコードが表示されます。
    規定値では、13桁のJANコードになります。

    バーコードをCODE39や128に変更したい場合は縦じまのバーコードラベルを右クリックして、「Maicrosoft バーコードコントロール9.0オブジェクト」のプロパティのスタイルで変更することができます。


社内独自のバーコードを発行する場合は、CODE39やCODE128の規格を使用する必要があります。

私のお勧めは、CODE39です。

バーコードはスキャナで簡単に読みことができます。   
安いスキャナは、2万円前後で手に入ります。
USB接続がお勧めです。

また、市販のエーワンなどのラベルにあわせてバーコードを発行すると便利かも知れません。


また、アクセスが入っていれば、エクセルの中でもバーコードの
印刷ができます。

注意点としては、
アクセス2007では、アクセスを立ち上げたときに、リボンの下にセキュリティの警告が出てきますので、「オプション」をクリックして「このコンテンツを有効にする」にチェックをいれて「OK」をクリックしてください。

「無効」にしたままですと、「Microsoft バーコード コントロール 9.0」でバーコードラベルを作成しようとするとセキュリティの警告がでます。
作成することができません。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

8月もお盆を過ぎました。

まだ、暑い日が続いています。
38度を越えるところもあるようです。
寝苦しい夜が続いています。

まだ。38度は経験していませんが、今でも暑いので、すごいでしょうね。

でも、冷たいものが売れているようです。
暑かったら、それなりに経済にはいいのかもしれません。

でも、プログラムを作る側は、ダメですね。
集中できないですね。

早く涼しくなるのを待っています。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
11:432301

アクセス全体

VBA

SQL Server