アクションクエリ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol119

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->アクションクエリ
              
発行者:高内 章治 2010年9月15日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】アクションクエリ

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「アクションクエリ」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: アクションクエリ

─────────────────────────────────

今回も、質問からです。

質問は、
クエリで作成したデータをエクセルにエクスポートして、それをテーブルにインポートできるかとい質問でした。

お答えしたのは、
エクスポートしたデータをそのままテーブルにインポートするのであれば、「追加クエリ」や「テーブル作成クエリ」などを使ったらどうですかと説明しました。

ということで、今回は、アクションクエリについて説明したいと思います。

データを抽出・加工したり、フォームに連結する場合に使うクエリは、「選択クエリ」と呼んでいます。
データ項目を選択して表示します。

クエリには、「選択クエリ」以外に「アクションクエリ」というものがあります。

「選択クエリ」は、データを取り出したりしますが一括でデータを追加したり、修正(更新)したり、削除したりはできません。
テーブルに連結していれば、1行ずつは可能です。

でも何らかの理由で、データを1つずつではなく、一括で追加、修正(更新)、削除などをしたい場合があります。

そのときに使用するクエリを「アクションクエリ」と言います。

アクションクエリは、目的に応じて4つに分かれています。

  1. 更新クエリ
  2. 追加クエリ
  3. 削除クエリ
  4. テーブル作成クエリ

それぞれ、説明します。

  1. 更新クエリ

    データの1部を一括で更新することができます。

    例えば、

    • 市町村合併で、XX市がなくなって、OO市に変わってしまった。
      データを変更したいとか、
    • 販売単価が変わったとか

    などです。

  2. 追加クエリ

    別のテーブルにレコードを追加することができます。

    例えば、

    • 営業所別のデータを追加して会社のデータとしたい。
    • 月別データを合わせて年間のデータを作りたい。

    などです。

  3. 削除クエリ

    テーブルのデータを削除することができます。

    例えば、

    • データの削除
    • 昔のデータは要らないので、XX年前のデータを削除したい。

    などです。

  4. テーブル作成クエリ

    新しいテーブルを作成することができます。
    クエリから新しいテーブルを作成することができます。

    例えば、

    • 月別データから年間データを作成する
    • エンドユーザー用のレポート用のデータを作成する

    などです。

    質問のような場合、自分で作成したクエリをテーブルに追加や
    データ作成することができます。


注意しないといけないことは、
「アクションクエリ」は、一括でデータの追加、修正、削除がおこなわれます。
元に戻せませんので、使用するときは、大切なデータは必ずバックアップをとってください。
データが正しく変換されたのを確認した後で必要でなければバックアップのデータを削除するようにした方が良いと思います。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

昨日、民主党の代表選挙がありました。

菅氏が、選出されました。
続投です。

この期間に、急激な円高になっています。
株も安くなっています。

早急に、景気対策や雇用対策をおこなって欲しいと思いますが。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:380603

アクセス全体

VBA

SQL Server