アクセスでクライアントサーバーシステム


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol120

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->アクセスでクライアントサーバーシステム
              
発行者:高内 章治 2010年9月29日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】アクセスでクライアントサーバーシステム

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「アクセスでクライアントサーバーシステム」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: アクセスでクライアントサーバーシステム

─────────────────────────────────

今回も、質問からです。

質問は、
アクセスで作成したデータを複数の人が見たいということでした。
複数のパソコンからです。

元々、アクセスは、1人で使用するソフトです。
でも、4人くらいまで同時に使用することもできます。

アクセスは、同時に同じデータにアクセスする排他制御が弱いですので、最悪の場合は、壊れてしまいます。
必ずバックアップを取っておく必要があります。

今回は、アクセスのデータを複数の人がアクセスするやり方です。

例をあげて説明します。

  1. テーブル、クエリ、フォーム、レポートの入ったアクセスがありますね。
    例えば、「サンプル.MDB」とします。

  2. これを、コピーして「サンプルデータ.MDB」を作ります。

  3. 「サンプルデータ.MDB」の中をテーブルだけにします。
     クエリ、フォーム、レポートを削除します。
    データ用のアクセスにします。

  4. この「サンプルデータ.MDB」をサーバーなどのフォルダーに保存します。
    他のパソコンからアクセスできるように、このフォルダーを共有します。

  5. クライアント側のパソコンで、ネットワークドライブの割り当てで、サーバーの共有フォルダーに「Z:」ドライブなどでつなぎます。

  6. クライアント側のパソコンに「サンプル.MDB」をコピーします。

  7. テーブルを削除して「サンプルデータ.MDB」のテーブルにリンクします。
    プログラム用のアクセスです。  

  8. こうすることで、データとプログラムを分離することができます。
    他のパソコンにも、「サンプル.MDB」をコピーして、サーバーにアクセスすると使用することができます。

    データとプログラムを分けることで、データが壊れにくくなります。

クライアントサーバーの完成です。

4、5人でのネットワークで使用することができます。

注意することは、「サンプルデータ.MDB」などのデータのバックアップは必ず保存してください。
定期的に、必ずコピーして別のメディアに保存することをお勧めします。


参考ですが、

もし、データ量が多くなったり、多くの人がネットワークで使用する場合は、「SQLサーバー2008 Express(無償)」を使用することをお勧めします。

アクセスのテーブルを「SQLサーバー2008 Express(無償)」に移行して、ODBCというやり方で繋げれば、アクセスのクエリ、フォーム、レポートはそのまま使用することができます。

「SQLサーバー2008」の使い方は覚える必要はありますが。
そんな難しいものではありませんが。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

民主党の菅政権が誕生しました。

そして、早速、尖閣問題がおこりました。

中国の強硬な態度に驚きましたね。

船長の突然の解放には、またまた驚きです。

早くも、菅政権の正念場です。

国会もまだなのに、こんなに荒れて大丈夫でしょうかね。

景気対策や雇用対策などやってもらいたいことが山ほどありますが。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
14:201505

アクセス全体

VBA

SQL Server