いろいろなプロシージャー


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol121

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->いろいろなプロシージャー
              
発行者:高内 章治 2010年10月13日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】いろいろなプロシージャー

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「いろいろなプロシージャー」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: いろいろなプロシージャー

─────────────────────────────────

アクセスには、プロシージャーというものがあります。
プロシージャーとは、VBAのプログラムのかたまりです。
いろいろな処理ができます。

よく使用する次の4つについて説明します。

プロシージャーの種類としては、

  1. Subプロシージャー
  2. Functionプロシージャー

です。

プロシージャーの適用範囲としては、

  1. Privateプロシージャー
  2. Publicプロシージャー

です。


それぞれ説明します。

  1. まず、Subプロシージャーです。

    これは、イベントプロシージャーのVBAに使用されています。

    例えば、ボタンをクリックして画面を開くという処理をします。

    入庫画面を開くという処理は、入庫画面のクリック時にイベントプロシージャーを作成します。
    次のような。VBAのコードを作成します。

    -------------------------
    Private Sub 入庫画面_Click()

    VBAのコード

    End Sub
    -------------------------

    になります。
    クリックされたときの処理です。

  2. Functionプロシージャー

    次は、Functionプロシージャーです。

    ------------------------
    Punbic Function DATE1(A)

    DATE1 = A + 1

    End Functon
    ------------------------

    これは、戻り値を返すVBAです。

    例えば、

    B=DATE(5)

    のとき、上のVBAのAに「5」を入れたときのDATE1のVBA処理をおこない「6」を返します。
    「6」をBに入れます。



次にプロシージャーの適用範囲を説明します。

  1. Privateプロシージャー

    これは、上のイベントプロシージャーの例に使用されています。
    Privateは、その同じフォーム内で有効になります。

    例えば、他のPrivateのVBAの中で

    入庫画面_Click()

    を記述すると、入庫画面_Click()のVBAを動かすことができます。

  2. Publicプロシージャー

    例えば、上のイベントプロシージャーをPublicに変更します。

    -------------------------
    Public Sub 入庫画面_Click()

    VBAのコード

    End Sub
    -------------------------
    です。


Publicでは、画面が開いていれば、他のフォームのVBAも動かすことができます。

これは、非常に便利です。

最後に、追加で説明します。
オブジェクトにモジュールがあります。

ここに、PublicでVBAを記述するとどのフォームでも、VBAを動かすことができます。

全画面で共通で使用したいVBAは、モジュールに設定してください。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

昨日、日韓のサッカーが韓国でありました。

0−0で引き分けです。

日本は、かなり攻めていました。

韓国の選手がハンドしたような気もしましたが。

ワールドカップで、日本の選手が変わったような気がします。

先日のアルゼンチンには、1−0で勝ちました。
メッシの攻撃も止めていました。

見てて、安心感があります。

これからが、非常に楽しみになりました。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:121001

アクセス全体

VBA

SQL Server