DAOかADOか


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol127

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->DAOかADOか
              
発行者:高内 章治 2011年1月11日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】DAOかADOか

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「DAOかADOか」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: DAOかADOか

─────────────────────────────────

アクセスの中で、テーブルのデータを加工する場合には、一般的にはクエリを使用します。

しかし、データベースに対して、直接、データの追加や修正、削除をおこないたい場合があります。
また、データを1レコードづつ、読み込んで処理をおこないたい場合が、あります。

その時に使用するやり方(オブジェクト)です。

アクセスの中でのデータベースを操作するやり方には、2つの種類があります。
「DAO」と「ADO」です。

「DAO」は、「Data Access Objects」の略です。
「ADO」は、「ActiveX Data Objects」の略です。

アクセス2000以前は、DAOが使用されていました。
アクセス2000以降に、ADOが作成されました。

ADOは、DAOの後継版として開発されたオブジェクトです。
コードは、違っています。(やり方は似ています。)

アクセスでは、ADOもDAOの使用することができます。

ADOは、Accessのデータベースや、SQLサーバ、Oracleのデータベースに同じやり方で接続することができます。

アクセス2000以前からのプログラムを使用しているのであれば、DAOを使った方がいいかも知れません。

しかし、これから勉強される方や、新しくアクセスのプログラムを作成する場合は、ADOを使用した方がよいですね。

注意点としては、
アクセス2010では、DAOもADOも、空のデータベースを作った時点では、使用することはできません。
ADOの設定が必要です。

アクセス2010でのADOの設定のやり方です。

  1. 「データベースツール」の「Visual Basic」をクリックします。

  2. Visual Basic for Application が表示されます。

  3. 「ツール」「参照設定」をクリックします。

  4. 「参照可能なライブラリファイル」の中から 

    Microsoft ActivX Data Objects x.x Library

    にチェックをします。
    新しく設定する場合は、「x.x」は大きい番号が良いと思います。

  5. 「OK」をクリックします。

これで、VBAの中でADOのプログラムを使用することができます。

SQLサーバーに使用するアクセスADPでは、ADOを使う必要があります。

参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

お正月はいかがでしたか。

今年は、1日、2日が、土曜、日曜と重なって、休日が少ない方が多いような気がします。

大学生の、就職状況が、まだ悪いようですが、今年は、景気が良くなって、雇用も増えればよいですね。

でも、電気自動車、3Dテレビ、スマートフォンや、電子書籍など新しい、技術がどんどん開発されていますので、景気もよくなるかもしれません。

期待をしています。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
14:201505

アクセス全体

VBA

SQL Server