エラーの対策


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol138

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->エラーの対策
              
発行者:高内 章治 2011年6月15日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】エラーの対策

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「エラーの対策」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: エラーの対策

─────────────────────────────────

アクセスのプログラムを作っていると、いろいろなエラーがでます。

教材を購入されたお客様もエラーで困っている方が多いですね。

エラーの場所が、特定できれば、修正することができます。

VBAを1行づつ、動かして、VBAの間違っている場所を特定することが、とても重要です。

でも、エラーの行を特定できないようなエラーの場合は、困ります。

テーブルが悪いのか、クエリが悪いのか、フォームが、悪いのかわからない場合があります。

そういうときのやり方です。

  1. まず、エラーの発生が1つのオブジェクト(テーブル、クエリ、フォーム、レポートなど)なのか確認します。

  2. 1つのオブジェクトでエラーが発生する場合です

    • 1つのオブジェクトであれば、そのオブジェクトを、作りなおします。

      フォームであれば、新しく、フォームを作ります。
      デザインで、テキストボックスなどのオブジェクトをコピーします。
      VBAもコピーします。
      エラーが出るか確認します。 

    • 直らない場合は、新しく、アクセスを作成します。
      テーブル、クエリも新しく作成します。
       
      フォームもデザインとVBAを作ります。
      以前のアクセスのフォームのデザインとVBAをコピーします。

    • それでも直らない場合、最初からデザインとVBAを作ります。

    ここで、重要なことは、エラーがどこで出るかです。
    もし、ある作業でエラーが出るときは、その作業が間違っていますので、修正します。

    アクセスが壊れている場合もありますので、注意が必要です。
    原因が、わからなくて、作りなおして直る場合もたくさんあります。

  3. どこでエラーが発生するかわからない場合です。

    原因は、いろいろあります。

    • ハードディクスが壊れている場合があります。
      チェックディスクなどを行ってください。

    • アクセスのバグ
      エラーの種類によっては、バグの可能性もあります。
      サービスパックがればインストールしてください。
      Officeの更新などもあればおこなった方がよいと思います。

    • アクセスが壊れている可能性があります。
      新しくアクセスを作ります。
      MDBやACCDBを新しく、作ってください。

      最初は、フォームなどは、デザインやVBAをコピーしてもよいと思います。
      エラーが出る場合は、デザインは、最初から作成した方がよいです。


アクセスを使っていると、ある時から、急にエラーがでる場合があります。
リスクを減らすためには、

  • データ(テーブル)とプログラム(クエリ、フォーム、レポート)は分けた方がよいと思います。

  • 定期的に、必ずバックアップ(コピー)をして保存してください。
    USBメモリーなどの別のメディアがよいです。

アクセスは、1つのプログラムに、テーブル、クエリ、フォーム、レポートなど、システムに必要な機能を全部持っていて、便利なのですが、その分、いろいろなエラーも出ますし、壊れる可能性もあります。

私は、お客様のプログラムを開発する場合は、必ず、毎日、プログラムのコピーを保存しています。
いつ、壊れるかわかりませんので。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

震災の影響で、原発が動かなくなると、全国的に電力不足になるようです。

最初は、関東だけかなと思いましたが、全国で節電しないといけないようです。

原発は、怖いし、電気は必要ですので、ジレンマですね。

なるべく、家庭や、パソコンの電気をこまめにって、エアコンではなくて、扇風機にしましょう。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:121001

アクセス全体

VBA

SQL Server