SQL Server Expresstとは


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol146

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->SQL Server Expresstとは
              
発行者:高内 章治 2011年10月19日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】SQL Server Expresstとは

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「SQL Server Expresstとは」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: SQL Server Expresstとは

─────────────────────────────────

皆さんは、アクセスを使っていて次のような心配はありませんか?

  • アクセスをネットワークで使用したい。
  • ユーザー別にデータのアクセスの権限をおこないたい。
  • データが多くなったが、アクセスで大丈夫か。

などです。

アクセスは、小規模用システム用のデータベースです。

原則として、1人で使用します。

複数でも使用することは、可能ですが、アクセスは同じデータを複数の人がアクセスする排他制御が弱いです。
最悪、壊れてしまいます。

壊れると、二度と中のデータを取り出すことが出来ません。
復元などの機能もありませんから。

困りますね。

今回、お客様に作成したのシステムも、最初はアクセスで構築したのですが、上のような問題が発生したので、もっと堅牢なデータベースを使用することにしました。

それが、同じマイクロソフト社が発売している「SQL Server」です。

他にも、オラクル社のデータベースやMySQLなどのデータベースがあるのですが、「SQL Server」のデータベースを使用することにしました。

次のような理由があります。

  1. 無料の「SQL Server 2998 R2 Express」があります。
    一番の理由は、「SQL Server」には、無償版の「SQL Server 2008 R2 Express」が あることです。
    いくつかの制限はありますが、無料で「SQL Server」の「データベース」を使用することができます。

  2. 「ODBC」が使用できます。
    Windowsのパソコンには、標準で、「ODBC」というミドルウェアがあります。
    「SQL Server」に接続する「ODBC」のドライバーも標準でついています。
    簡単に「SQL Server」に接続することができます。

  3. アップサイジング
    「Access」には、「Access」の「データベース」(テーブル)から「SQL Server」の「データベース」を自動で作成してデータを移行する「アップサイジング」という機能があります。
    簡単に、「Access」の「テーブル」を「SQL Server」の中に作成・移行することができます。

  4. GUIがあります。
    「SQL Server」には、「SQL Server Management Studio」という「GUI」(グラフィカル ユーザー インターフェース)があります。
    「テーブル」などの追加、修正、削除など、「SQL Server」のいろいろな追加、変更を画面を見ながら簡単に操作することができます。

  5. 書籍が多い
    「SQL Server」に関する書籍は、書店に行けばたくさんあります。
    不明点などあれば、すぐに調べることができます。

などです。

「SQL Server 2998 R2 Express」というデータベースがあります。
これは、マイクロソフトが無償で提供しています。

この中に、アクセスのテーブルを移動します。
アクセスのプログラムから「ODBC」経由でリンクすれば、以前のアクセスと同じように使用する事ができます。

アクセスのプログラムの「クエリ」「フォーム」「レポート」はそのまま使用します。

「クライアントサーバー」システムが完成します。

私は、以前は、アクセスの「アクセスプロジェクト」という方法で「SQL Server」に接続してシステムを開発していたのですが、今回、初めて「ODBC」でシステムを構築しました。

殆ど、問題なく動いています。

「SQL Server」の中で、アクセスのクエリに相当する「ビュー」やパラメータクエリやアクションクエリに相当する「ストアドプロシージャ」を作成しなくて良かったので、開発期間がかなり短縮できました。

「ODBC」接続がこんなに簡単であればもっと早くから使用すればよかったと思っています。

アクセスでの上のような問題がある方は、是非「SQL Server 2998 R2 Express」を検討されるとよいと思います。


今回、このアクセスのシステムを「SQL Server 2008 R2 Express」に移動して、「ODBC」を使ったシステムをどのように行うのかの教材を作っています。

殆ど、教材は出来ました。

次回くらいに、ご紹介したいと思います。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

かなり気温が下がってきました。
紅葉も、色づいてきました。

でも、温度差が大きいので、体調を壊す人が増えています。

気をつけた方がよいですね。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:542003

アクセス全体

VBA

SQL Server