アクセス(Access)をSQL Server Expressへ
移行してみよう


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol148

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->アクセス(Access)をSQL Server Expressへ
移行してみよう
              
発行者:高内 章治 2011年11月14日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】アクセス(Access)をSQL Server Expressへ
移行してみよう

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「アクセス(Access)をSQL Server Expressへ
移行してみよう」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: アクセス(Access)をSQL Server Expressへ
移行してみよう

─────────────────────────────────

やっと、新しい教材が出来ました。

先日、教材のホームページが出来て開示したのですが、早速ご購入をしてくださったお客様がいらっしゃいます。
次のようなメールも頂きました。

**************************

先生の教材購入は今回で3回目ですが、早速試させていただきました。
予想よりも簡単にACCESSのデータをSQL Serverへ移行することが出来、ACCESSのプログラムも特に問題なく動いています。
テキストの内容が簡潔にポイントを押さえて記述されて
いましたので、スムーズに作業を進めることが出来、大変感謝しております。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

*************************

うれしいですね。
私も教材が役にたって非常に良かったと思っています

今回は、その説明です。


あなたの会社で、アクセスのシステムを使用していますか?

もし使用しているなら次のような心配はありませんか?

  • アクセス(Access)のネットワークが遅い。
  • アクセス(Access)は、排他制御が弱いので、破損が心配だ。
  • アクセス(Access)では、セキュリティが心配だ。
  • データ量が増えてきて、アクセス(Access)では、心配だ。

などです。

「アクセス(Access)」で作ったシステムは小規模なシステム用ですので、通常は1人で使用するようになっています。

現実的には、数人で使用することも可能です。

しかし、「アクセス(Access)」は、複数の人が同じデータにアクセスしたときの処理、排他制御があまり強くはありません。
最悪の場合、「データベース」自体が壊れる可能性があります。

壊れた「データベース」は、中のデータを取り出すことができなくなります。

また、「アクセス(Access)」はセキュリティやデータの信頼性に関して強くはありません。

「ユーザー」ごとにデータへのアクセスの権限を設定することが出来ません。

「アクセス(Access)」のソフトウェアがあれば、誰でもデータの中身を見ることができます。

また、データ量が多くなると、「アクセス(Access)」のデータベースでは信頼性が心配になります。
堅牢なデータベースではありません。

困りますね。

では、どうすればようのでしょうか?

コストもかけずに、短期間でおこないたいですね。

それは・・・・・・


それはアクセス(Access)のテーブルを無料の「SQL Server Express」へ移行(アップサイジング)して、アクセス(Access)のプログラムから「ODBC」接続で「リンク」すればよいのです!!

先日、お客様のために構築した、工程管理システムは、アクセスで開発しました。

でも、ネットワークで使用したいとか、信頼性の問題があり、無料の、「SQL Server 2008 R2 Express」へ移行しました。
テーブルのみ移行しました。

アクセスのプログラム(クエリ、フォーム、レポート)からODBC経由でリンクしています。

クライアントサーバーシステムです。

今も、問題なく動いています。

この作業をまとめた教材を作成しました。

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server Expressへ移行してみよう」教材(今なら5,300円)

という教材です。

もし、あなたの会社のアクセスのシステムで、上のような心配があるようでしたら、是非、ご覧ください


http://www.sk-access.com/sqlserver/sql_server1.html



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

昨日、サッカー・ブラジルW杯アジア3次予選C組第5戦の試合が、北朝鮮の平壌でおこなわれました。

日本のサポーターは150人で、その他は、北朝鮮の人です。
異様な雰囲気です。

結局、1−0で負けました。

アウェーの試合でしたから、仕方ないですね。

最終予選にはいけますから。

この経験が最終予選に生かせればよいと思います。

アウェーなので、ケガをするのを心配していましたが、それはなかったようで安心しました。

最終予選で頑張って欲しいですね。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:542003

アクセス全体

VBA

SQL Server