アクセスデータの共有


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol164

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->アクセスデータの共有
              
発行者:高内 章治 2012年7月 3日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】アクセスデータの共有

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「アクセスデータの共有」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: アクセスデータの共有

─────────────────────────────────

パソコン1台の中で使っているアクセスのデータを複数台のパソコンで使用したいという要求って多いですね。

元々、アクセスは、一人で使うデータベースなので複数の人が同時にアクセスする排他制御は、強くはありません。

でも、現実には、複数台のパソコンで使っている場合もあります。
8人くらいできるという人もいますが、4人くらいが、よいと思います。

注意点を説明します。

  1. まずは、データとプログラムは分けた方がよいです。
    そして、テーブルを共有します。(リンク)

    例えば、
    ZAIKO.mdbの中に、テーブル、クエリ、フォーム、レポートがあるとします。
    まず、テーブルを分けます。
    コピーして、2つプログラムを作ります。
    例えば、ZAIKO_DATA.mdbはテーブルだけにします。
    どこかの共通のパソコンやサーバーにフォルダーを作ってそこに入れます。
    データですね。

    共有します。

    もう一つの、クライアントのZAIKO.mdbはテーブルを消して、共有のZAIKO_DATA.mdbのテーブルにリンクします。
    これで、複数のパソコンからアクセスのデータベースを使うことができます。

  2. テーブル、クエリ、フォーム、レポートの入ったZAIKO.mdbをそのまま、サーバーなどに入れて複数の人で共有するのは、おすすめ出来ません。
    壊れる可能性が大きくなります。

    1つのアクセスを複数の人が開きますので。

    アクセスは、壊れたら、元には戻りません。

  3. 必ずバックアップを取る。

    必ず、テーブルの入っている、ZAIKO_DATA.mdbのバックアップは定期的に保存した方がよいです。
    一度壊れると、もとに戻りませんから。

    データだけをエクセルにエクスポートしてもよいです。
    ZAIKO_DATA.mdbをコピーして保存してもよいです。

    可能であれば、USBメモリなどの外部データに保存します。

  4. SQL Serverに移す

    もし、10人以上とかで、データを共有する場合は、SQL Serverの導入を検討された方がよいと思います。

    SQL Server Expressは無料です。

    お勧めは、テーブルをSQL Serverに移して、ODBCでリンクするやり方です。

    アクセスのクエリ、フォーム、レポートはそのまま使えます。

    SQL Serverは、堅牢なデータベースですから排他制御や同時にアクセスしても壊れることはありません。

    セキュリティ管理にも優れています。

参考です。

http://www.sk-access.com/sqlserver/sql_server1.html

購入されたお客様から、簡単にSQL Serverに移行できたと、喜ばれています。

意外と簡単にできますよ。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

雨がすごいです。

近くに大きな川がありますが、ここは大丈夫ですが、上流では川が氾濫したそうです。

その地区では。川が氾濫したのは、初めてのようです。

雨は、九州から本州、大阪、東京方面に移動しています。
気をつけた方がいいですね。

それにしても、すごい雨です。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
14:181505

アクセス全体

VBA

SQL Server